« 間接指定機能って使ってますか? | トップページ | BunCalc Ver.1.2を公開 »

2015/09/13

BunBackup Ver.4.2 公開

BunBackup Ver.4.2を公開いたしました。

今回のバージョンアップで、Windowsポータブルデバイス(WPD)のバックアップに対応しました。
WPD接続のデバイスをバックアップする場合は、「バックアップ元フォルダ」でWPDの間接指定を記述します。
たとえば、デバイス名が[デジカメ]でDCIMというパスの場合、バックアップ元フォルダを以下のように設定します
 <WPD_デジカメ>\DCIM

デジカメやスマートフォンなどは、USBマスストレージでの接続ではなく、MTP・PTPで接続されるものがあります。
MTPなどで接続しているデバイスは、ドライブ名が割り付けられていないため、通常の方法ではバックアップすることができません。
このような場合は、WPDの間接指定を使用することで、バックアップが可能になります。

|

« 間接指定機能って使ってますか? | トップページ | BunCalc Ver.1.2を公開 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BunBackup Ver.4.2 公開:

« 間接指定機能って使ってますか? | トップページ | BunCalc Ver.1.2を公開 »