« 対象ファイル・除外ファイルでファイル属性を指定できる機能を追加 | トップページ | 対象ファイル・除外ファイルで期間を指定できる機能を追加 »

2013/11/14

対象ファイル・除外ファイルでファイルサイズを指定できる機能を追加

Ver.4からバックアップ対象となるファイルのサイズを指定できるようになりました。

この機能を使用しますと、指定したサイズ以上(または以下)のファイルを、対象(または除外)することができます。

この機能を使用したい場合は、「対象ファイル」「除外ファイル」に以下のように設定します。

指定サイズ以上のファイルを対象とする場合は「<SIZEO」、

指定サイズ以下のファイルを対象とする場合は「<SIZEU」

と入力し、その後にファイルサイズを入力し、最後に「>」を入力します。

たとえば、1000バイト以下のファイルを対象とする場合は、「<SIZEU1000>」と入力します。

ファイルサイズは、

キロバイトは「K」、

メガバイトは「M」、

ギガバイトは「G」、

で表すことができます。

たとえば、10Mバイト以下のファイルサイズを対象とする場合は、「<SIZEU10M>」と入力します。

この機能を使用しますと、たとえばバックアップ先の容量が小さいため、100Mバイト以上のファイルをバックアップしないというような設定が可能になります。

|

« 対象ファイル・除外ファイルでファイル属性を指定できる機能を追加 | トップページ | 対象ファイル・除外ファイルで期間を指定できる機能を追加 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対象ファイル・除外ファイルでファイルサイズを指定できる機能を追加:

« 対象ファイル・除外ファイルでファイル属性を指定できる機能を追加 | トップページ | 対象ファイル・除外ファイルで期間を指定できる機能を追加 »