« ファイルに関連する情報はどこまでコピーする? | トップページ | バックアップの高速化 »

2012/09/13

腹が立つメールの対処方法

ライフハッカーで「失礼で腹が立つメールにはどう返信すればいいですか?」という記事がありました。

私にそれほど腹の立つメールは来ないのですが、たまにそういうメールが届くこともあります。
お役に立つかどうかわかりませんが、そういうときの私の対処方法を書いておきます。

腹の立つメールにもいろいろありますが、特に腹が立つのは横柄で理不尽なメールです。
こういう場合は、反論したいことは山ほどありますので、まず自分の考えを感情的な文章で書き殴ります。うるせい、バカ、アホ的な表現を含め、感情をぶつけるように書くのがポイントです。とにかく思いついたことを全部文章にしてしまいましょう。
まずこれである程度ストレスが解消できます。
一通り言いたいことを書いたら、下書きに保存してしばらく放置します。

無視してもかまわないメールの場合は、このまま放置しておき、時間がたったら捨ててしまいましょう。
返信しなければいけない相手の場合は、しばらくして冷静になったところで、その下書きを読み直します。そのメールを見てクスッと笑えるようになったら、メールを書き直します。
(感情的に書いている文章なので、後から見ると意外と笑えます)

このときメールはできるだけ馬鹿丁寧な言葉で、しかも一切の感情的な表現を入れないように直していきます。まるでロボットが定型文章を書いたように、機械的に作業するのがポイントです。
メールを書き直したら、丁寧な文章になっていて、感情が表に出ていないことを確認します。
そして、「バーカ!」といいながら送信ボタンを押します。
私の場合は、たいていこれで忘れてしまいます。

一つ注意が必要なのは、腹が立つメールでも相手が正しい場合です。
表現方法が悪かったり、痛いところを突かれていたりすると腹が立つのですが、冷静に考えれば正しい指摘だということはよくあります。
これは理不尽なメールと分けて対応しなければなりません。
これはなかなか難しいのですが、特に仕事のメールでは重要なことだと思います。

|

« ファイルに関連する情報はどこまでコピーする? | トップページ | バックアップの高速化 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腹が立つメールの対処方法:

« ファイルに関連する情報はどこまでコピーする? | トップページ | バックアップの高速化 »