« バックアップ用HDDが故障しました | トップページ | ファイルに関連する情報はどこまでコピーする? »

2012/07/10

バックアップ用のHDDを購入しました

バックアップ用に使用していたHDDが故障したので、新しいHDDを購入しました。

今回購入したのは、アイ・オー・データ機器の「カクうす」(HDPC-UT)というシリーズの1TBのHDDです。
私はバックアップ用にはポータブルHDDを使用しています。
HDDをパソコンに常時接続していると、ウイルス感染、雷などの災害、盗難などの危険を回避できません。
そのため、バックアップ先をポータブルHDDにし、バックアップの度にパソコンに接続して、バックアップが終わるとパソコンとは別の場所に保管しています。

このHDDを選んだのは、容量が1TBで1万円くらいで買えること、USB3.0に対応しているなどの理由からです。
今まで使用していたHDDが500GBで、この容量だと複数のイメージバックアップを保存することが厳しくなってきたので、1TBを選択しました。
また、今までイメージバックアップに1時間くらいかかっていたのを短縮するため、USB3.0に対応していうものを選択しました。

今のパソコンにはUSB3.0用のポートがなかったため、バッファローのUSB3.0増設ボード(IFC-PCIE4U3S)を購入しました。
USB3.0増設ボードはいくつか出ているのですが、IFC-PCIE4U3Sが4ポートだったのでこれを選択しました。

早速購入したHDDを接続し、バックアップをしてみました。
ファイルバックアップはもともと時間がかかっていなかったので、古いHDDと比較してそれほど速度の差は感じませんでした。

ただ、イメージバックアップの差は歴然です。
従来はイメージバックアップに1時間程度かかっていたのですが、新しいHDDではその半分以下の時間でバックアップできるようになりました。
試しにCrystalDiskMarkというベンチマークソフトで速度を比較してみたところ、新しいHDDはシーケンシャルな書き込みで約3倍の速度になっていました。
この影響が大きかったのではないかと思います。

|

« バックアップ用HDDが故障しました | トップページ | ファイルに関連する情報はどこまでコピーする? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックアップ用のHDDを購入しました:

« バックアップ用HDDが故障しました | トップページ | ファイルに関連する情報はどこまでコピーする? »