« メールデータが壊れた | トップページ | BunBackup テスト版 Ver.3.42b3公開 »

2010/11/24

ミラーリングから除外する機能は必要?

時々ユーザーさんから、ミラーリングから除外する機能のご要望をいただきます。

ミラーリングしている場合、バックアップ元に存在せず、バックアップ先に存在するファイル(バックアップ元で削除されたファイル)は削除されます。
ミラーリングから除外する機能は、バックアップ先の指定したフォルダを削除しない機能です。

通常のバックアップであれば、ミラーリングから除外する機能は必要ありません。
バックアップはファイルの複製を作成することが目的なので、バックアップ先にしか存在しないファイルは、そもそもバックアップとは言えません。
また、どこかに残したいのであれば、バックアップ先フォルダとは別のフォルダに移動すれば済みます。

おそらくミラーリングから除外する機能を要望されている方のほとんどは、BunBackupを同期に使用しているのではないかと思います。
BunBackupは使い方によっては同期ソフトとして使用できます。
このとき、状況によってはミラーリングで削除されると困るフォルダがありますので、その対処としてミラーリングから除外する機能は必要かもしれません。

たた、個人的にはバックアップソフトを同期として使用するのはどうかと思っています。
バックアップソフトと同期ソフトは機能が似ています。
そのため、バックアップソフトで同期することもできますし、同期ソフトでバックアップすることもできます。
ただ、本来の目的は異なるため、それぞれに特化した機能がありますし、誤った使い方をすると思わぬ結果になることもあります。

ミラーリングから削除する機能は、比較的定期的にいただく要望で、いつもこれに対応すべきかは迷っています。
もしよろしければ、ユーザーさんのご意見をお聞かせください。

|

« メールデータが壊れた | トップページ | BunBackup テスト版 Ver.3.42b3公開 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラーリングから除外する機能は必要?:

« メールデータが壊れた | トップページ | BunBackup テスト版 Ver.3.42b3公開 »