« Ver.3.4 ログリスト | トップページ | Ver.3.4 その他の変更点 »

2010/03/28

Ver.3.4 コマンドラインオプションの追加

Ver.3.4からコマンドラインオプションを二つ追加します。

DESTDUPLICATENOCHECK

一つのオプションは、「DESTDUPLICATENOCHECK」です。
このオプションを指定すると、バックアップ先フォルダが重なっていても、警告を出さずバックアップを行います。

このオプションを指定しないときは、バックアップ先フォルダが重なっていると、警告を出しバックアップを行いません。
これは、バックアップ元で同じファイル名が存在する場合、同じバックアップ先にコピーすると、ファイルを上書きしてしまう可能性があるためです。
ただ、これをわかった上で、同じバックアップ先にコピーしたい場合があります。
このようなときにこのオプションを使用してください。

SIMPLERESULT

もう一つのオプションは、「SIMPLERESULT」です。
このオプションを指定すると、バックアップ後に表示する結果表示がツリー上のものではなく、コピー・削除・エラーファイルの数だけを表示するシンプルなものになります。
(省メモリバックアップと同じ表示です)

バックアップ結果のツリー表示は見やすいですが、大量のファイルをバックアップするとその表示に時間がかかったり、メモリを消費したりします。
このようなときにこのオプションを使用すると便利です。
通常はバックアップしたファイル数だけを確認し、エラーファイルがあったときだけログで確認したいなどの時に使用してください。

|

« Ver.3.4 ログリスト | トップページ | Ver.3.4 その他の変更点 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ver.3.4 コマンドラインオプションの追加:

« Ver.3.4 ログリスト | トップページ | Ver.3.4 その他の変更点 »