« 誰でもバックアップできる環境を作れないか3 | トップページ | Windows終了時にバックアップ2 »

2009/10/29

バックアップと同期は違う

バックアップと同期は、本来目的が異なります。
バックアップは、ファイルの複製を作成することが目的ですし、同期(シンクロナイズ)は二つのフォルダを同じ状態にすることが目的です。

どちらも動作が似ているため、バックアップソフトを同期に使用したり、同期ソフトをバックアップに使用したりすることは可能です。
しかし、これらのソフトの違いを理解していないと、トラブルの原因になります。

これら大きな違いは、バックアップが一方向のファイルコピーなのに対して、同期は双方向のファイルコピーだということです。
また、同期はファイル削除を伴います。

たとえば、同期ソフトをバックアップに使用すると、大事なファイルが上書きされたり、削除される場合があります。
また、バックアップソフトを同期に使用すると、意図したファイルがコピーされない場合があります。

BunBackupはバックアップソフトですが、ミラーリング機能があるため、同期に使用する方もいらっしゃいます。
BunBackupのミラーリング機能が、同期ソフトと大きく異なる点は、バックアップ元のファイルを変更・削除しないということです。BunBackupは、大事なバックアップ元のファイルを守るため、このような仕様になっています。

ただ、安易にミラーリング機能を使用することはお勧めしません。
これは、ミラーリング機能を使用した場合、謝って削除したファイルやウイルスに削除されたファイルなどを、復元できなくなるためです

バックアップは何らかのトラブルが発生したときに、元の状態に戻すことを目的としています。
ミラーリング機能を使用してしまうと、自分が行っているのがバックアップなのか同期なのかが曖昧になってしまうため、トラブルの原因となります。

ミラーリング機能を使用する場合は、バックアップに本当に必要なのかをよく考えるようにしてください。
ミラーリングする場合は、「バックアッププレビュー」で削除されるファイルがあるかを確認する習慣を付けてください。
自動バックアップなど「バックアッププレビュー」が使用できない場合は、世代管理機能をを使用することをお勧めします。

|

« 誰でもバックアップできる環境を作れないか3 | トップページ | Windows終了時にバックアップ2 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックアップと同期は違う:

« 誰でもバックアップできる環境を作れないか3 | トップページ | Windows終了時にバックアップ2 »