« 間接指定 | トップページ | 間接指定のアイデア募集 »

2009/08/27

間接指定の種類

間接指定は、以下のものを指定できます。
詳しくはヘルプを参照してください。
  • Windowsディレクトリ(マイドキュメント、Application Data、Program Filesなど)        
  • 環境変数の値        
  • アプリケーションがインストールされているフォルダ        
  • レジストリにあるパス名        
  • INIファイルにあるパス名        
  • 日時
  • ボリュームラベル
  • コンピューター名
  • ユーザー名
  • BunBackup.exeがあるフォルダ       
  • ユーザー入力   

Windowsディレクトリ
Windowsの「マイドキュメント」などのWindowsディレクトリを指定することができます。

<WIN_マイドキュメント>
<WIN_お気に入り>
<WIN_Application Data>
など

環境変数の値
Windowsの環境変数を参照することができます。

<ENV_(環境変数)>

アプリケーションがインストールされているフォルダ

Windowsの「プログラム」などに登録されているアプリケーションのパスを検索し参照することができます。

<APP_(アプリケーション名)>

レジストリにあるパス名
レジストリのKeyとNameを指定し、その値を参照することができます。

<REG_HKEY_CURRENT_USER\(Key):(Name)>
<REG_HKEY_USERS\(Key):(Name)>
など

INIファイルにあるパス名
INIファイルのSectionとKeyを指定し、その値を参照することができます。

<INI_"(フルパス名)":(Section):(Key)>

日時
現在日時や曜日を出力します。

<DAT_(日時フォーマット)>

ボリュームラベル
指定されたボリュームラベルを検索し、そのドライブ名を出力します。

<VOL_(ボリュームラベル)>

コンピューター名
Windowsのシステム情報に登録されているコンピューター名を出力します。

<SYS_ComputerName>

ユーザー名
ログインしているユーザー名を出力します。

<SYS_UserName>

BunBackupがあるフォルダ
BunBackup.exeがあるフォルダを出力します。

<SLF>

ユーザー入力
設定ファイルを開いたときにダイアログを表示し、ユーザーがパス名を入力することができます。

<INP>

|

« 間接指定 | トップページ | 間接指定のアイデア募集 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間接指定の種類:

« 間接指定 | トップページ | 間接指定のアイデア募集 »