« 高速ファイルコピーベンチマーク考察 | トップページ | バージョンアップを知るためには »

2009/03/23

高速ファイルコピー機能は必要でしょうか?

前回のブログからの続きです。

前回測定した結果では以下のような結論になりました。
高速ファイルコピーは、バッファの2倍以上のファイルサイズで効果的に動作し、ファイルのコピー時間を約2割時間短縮できる
(高速ファイルコピーの効果は環境に依存します。今回の結果は一例とお考えください)

皆さんはこの結果をどう思いますか?
ユーザーさんからいただくメールなどを拝見していると、何となく高速ファイルコピーに過剰な期待を持っているように感じます。
前述の通り、私はコピー時間が2割程度短くできるだけであれば、バックアップ全体から見るとさほど時間の短縮につながらないという判断で、前回はこの機能の公開を見送りました。
なぜせっかく作った機能を非公開にするのか、とお思いになる方がいらっしゃるかもしれません。
確かにその通りなのですが、ソフトウェアに限らず、どんなものでもシンプルな方が操作が簡単で、不具合も少なくなります。シンプルイズベストです。

ただ、ユーザーが扱うファイルの容量が増えてきているのも事実です。
そこで、ユーザーの皆さんにご意見をお聞きしてみようと思った次第です。
どうでしょう。高速ファイルコピー機能は必要でしょうか?

もしよろしければご意見をお寄せください。

高速ファイルコピーは必要でしょうか?

またその理由はなんでしょうか?
普段どのくらいの容量のファイルをコピーしていますか?

|

« 高速ファイルコピーベンチマーク考察 | トップページ | バージョンアップを知るためには »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速ファイルコピー機能は必要でしょうか?:

« 高速ファイルコピーベンチマーク考察 | トップページ | バージョンアップを知るためには »