« 専用バックアップ作ります!という企画 | トップページ | 専用バックアップソフトは楽ちん! »

2007/10/30

バックアップ元を間接的に指定

専用バックアップソフトを作ります!という企画で、ベースになっているソフト(BunPiece)には、バックアップ元を間接的に指定する機能があります。
通 常のバックアップソフトは、バックアップ元を絶対パス(たとえば、C:\Documents and Settings\nagatsuki\My Documents)で指定します。しかし、バックアップ元を絶対パスで指定すると、他のパソコンではパス名が異なるためバック アップできません。そのため、異なるパソコンでも同じ設定でバックアップできるようにするためには、バックアップ元を間接的に指定する必要があります。

そこで、BunPieceはバックアップ元を間接的に指定する機能を実装しました。たとえば、バックアップ元を「<WIN_マイドキュメント>」と設定すると、どのパソコンでもWindowsの「マイドキュメント」を示すようになっています。

BunPieceで間接的に指定できるのは以下の項目です。

BunPiece.exeがあるフォルダ

BunPiece.exeがあるパスを参照
BunPiece.exeがあるフォルダから相対的にフォルダを指定できます

Windowsディレクトリ

マイドキュメント、お気に入り、Application Dataなど

レジストリの値

指定されたKey、Nameに書かれているパス名を参照

INIファイルの値

指定されたSection、Keyに書かれているパス名を参照

アプリケーションがインストールされているフォルダ

Windowsにインストールされているアプリケーション名からパス名を参照

環境変数の値

環境変数にかかれている書かれているパス名を参照

詳しくは、間接指定を参照してください。

間接指定は、通常のバックアップソフトにはあまり必要ありませんが、「専用バックアップソフトを作ります!企画」のように汎用的なバックアップソフトには非常に有効です。
興味のある方は、マイドキュメントやOutlook Expressなどをバックアップするサンプルソフトを用意していますので、これをダウンロードしてお試しください。

|

« 専用バックアップ作ります!という企画 | トップページ | 専用バックアップソフトは楽ちん! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックアップ元を間接的に指定:

« 専用バックアップ作ります!という企画 | トップページ | 専用バックアップソフトは楽ちん! »