« 暗号を使う上での注意事項 | トップページ | 暗号アルゴリズム »

2004/06/15

暗号キー

「キー」は、暗号化、復号化(暗号を解除すること)するための鍵です。
BunBackupが採用している暗号方法は、共通鍵を使用します。共通鍵というのは、暗号と復号を同じ鍵で行います。そのため、暗号化した鍵が他の人に漏れてしまうと、その人は簡単に復号化することができますので、鍵の管理には注意が必要です。

キーが短いと、どんなに安全性が高いアルゴリズムでも、総当たり攻撃で簡単に解読されてしまいます。今後コンピュータの速度は速くなることを考えると、辞書攻撃はより容易になっていきます。安全性を高めるため、キーは忘れない範囲で、できるだけ長くして下さい。

辞書にあるような単語、人名や地名など、一般に使用する単語は、辞書攻撃で解読されてしまいます。辞書攻撃とは、キーによく使われる単語をデータベース化し、そのデータベースを使用して解読する方法です。人間は無意味な文字列を覚えるのは難しいため、ついつい覚えやすい単語を使う傾向にあります。そのため、優れた解読用辞書を使用すると、多くの暗号を解読できてしまいます。この解読方法は、暗号についての知識を必要としないため、誰でも簡単に試すことができます。
キーは、できるだけ無意味な文字列になるように文字と数字をあわせてできるだけ複雑にし、辞書攻撃に強いものにしてください。

|

« 暗号を使う上での注意事項 | トップページ | 暗号アルゴリズム »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗号キー:

« 暗号を使う上での注意事項 | トップページ | 暗号アルゴリズム »