« 機能選択 | トップページ | 世代管理 »

2003/12/05

高速ファイルチェック

元々私がBunBackupを作ったのは、「高速ファイルチェック」の機能を思いついたからです
通常バックアップ先は、MOやCD-R/RW,DVDなど、HDDよりも遅いドライブを使用することが多いと思います。そのため、バックアップ先にあるファイルの情報を得るのに時間がかかってしまい、結果としてバックアップ全体の時間がかかってしまいます。ファイルをコピーする時間を短縮するのには限界があるため、このファイルチェックの時間を短縮することで、バックアップ時間を短縮できないかと考えたのが「高速ファイルチェック」機能です。
高速ファイルチェックは、必ずバックアップ時間が短縮されるわけではありません。バックアップ先ドライブのアクセス速度、キャッシュとして使用するHDDの速度、CPU速度などいくつかの条件の組み合わせによってバックアップ時間が変わります。そのため、場合によっては高速ファイルチェックした方が遅くなる可能性もあります。高速ファイルチェックが有効なのは、バックアップ先ドライブのアクセス速度が遅い場合、またはCPU速度が速い場合です。バックアップ先ドライブがローカルなHDDの場合は、ほとんど高価はないかもしれません。
高速ファイルチェックが有効に働けば、バックアップ時間が1/2、1/3になることもあります。バックアップ時間を短縮したいとお考えの場合は、一度この機能をお試しください。なお、高速ファイルチェックには使用上の注意がありますので、詳しくはヘルプを参照してください

|

« 機能選択 | トップページ | 世代管理 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速ファイルチェック:

« 機能選択 | トップページ | 世代管理 »