« 窓の杜の「実録! 俺のバックアップ術」に便乗してみました | トップページ | ドラグ&ドロップで設定 »

2017/03/06

俺のリストア術

 前回「俺のバックアップ術」を書きましたが、これだけだと片手落ちなので、リストア(復元)についても書いておきます。
 何らかのトラブルがあったときは、そのトラブルに応じてリストア方法を考えます。バックアップ方法を分散しておくと、状況に応じてリストア方法を変えることができるというメリットがあります。

いくつかのファイルをリストアする
 一部のファイルを消失した、古いバージョンに戻したいなど、単にいくつかのファイル、またはフォルダを復元するときは、BunBackupでバックアップしたファイルをエクスプローラーなどでコピーします。

パソコン全体をリストアする
 HDDが壊れてパソコンが起動しなくなった、またはWindowsが不調になった、マルウェアに感染したなどのときは、Acronis True Imageのバックアップからリストアします。Acronis True Imageからのリストアですと、OS、アプリケーション、それらの設定もすべてバックアップされているので、短時間にパソコン全体を元の状態に復元できます。
 自分の場合はイメージバックアップは月一回程度しか行っていないので、イメージバックアップからのリストアだけでは最新のファイルになりません。そのため、イメージバックアップからリストア後、BunBackupのバックアップ先から最新のファイルをリストアします。
 イメージバックアップのリストアは一つ注意することがあります。それはバックアップ時点で不具合が混入されいた場合、それも一緒に復元されてしまうということです。そのため、OSからクリーンインストールする方法も用意しておきます。

パソコンをクリーンインストールする
 パソコンをクリーンインストールする場合は回復ドライブが便利です。
 Windows10には回復ドライブを作成する機能があります。回復ドライブを作成しておくとOSのインストールが簡単に行えます。回復ドライブを作成する場合は8GB以上のUSBメモリが必要になりますが、現在はUSBメモリも安くなりましたので、一つ用意しておくことをお勧めします。自分も各パソコンごとに回復ドライブを作成してあります。
 クリーンインストール時は、まず回復ドライブからOSをインストールします。次に使用するアプリケーションをインストールします。そして最後にBunBackupでバックアップしてあるファイルからリストアします。

リストアで重要なことは
 リストアで重要なのは、短時間で簡単に復元できるということです。
 通常リストアが必用になるのは、何らかのトラブルが起きたときです。たとえば会社のパソコンが起動しなければ、業務に支障をきたします。そのため、できるだけ早く復旧しなければなりません。そのため、短時間にリストアできるということは重要です。
 また、一部のファイルだけを復元したいのか、パソコンが起動しないのかなど、状況によってリストア方法は変わってきます。複数のリストア方法を用意しておくことも重要です。
 バックアップ先が壊れていてリストアできなかったというのもよくある話です。そのため、必ずバックアップ先は複数用意しバックアップしておきましょう。

|

« 窓の杜の「実録! 俺のバックアップ術」に便乗してみました | トップページ | ドラグ&ドロップで設定 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俺のリストア術:

« 窓の杜の「実録! 俺のバックアップ術」に便乗してみました | トップページ | ドラグ&ドロップで設定 »