« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016/08/24

簡単で安全なバックアップ方法を考えてみる

バックアップって面倒くさいですよね。
バックアップの運用を最も簡単にするなら、外付けHDDを接続して、それに定期的に自動バックアップするという方法でしょう。
ただ、この方法はランサムウェアなどのマルウェアの感染には対応できません。
マルウェアに対応するためには、常時接続するのではなく、バックアップ時のみ接続する必要があります。
また、バックアップ先は複数に分けた方が安全です。

そこで、これらを踏まえて簡単で安全なバックアップを考えて見ましょう。
まず、バックアップ先はUSBメモリとします。
最近USBメモリは、容量が大きなものでも安価になってきています。
(USBメモリで容量不足の場合は、ポータブルHDDを使用しましょう)
必要な容量は人によって異なりますが、できればバックアップするファイルは厳選することをお勧めします。
ファイル容量が少なくなれば安い低容量のUSBメモリですみますし、バックアップにかかる時間も短くなります。

USBメモリは二つ以上用意します。
そしてバックアップする場合は、USBメモリに番号を振って、順番にバックアップします。
たとえば、今日はUSBメモリ1へ、明日はUSBメモリ2へ、明後日はUSBメモリ3へというようにバックアップします。
このようにすることで、一つのUSBメモリがマルウェアに感染してしまっても対応できます。
また、USBメモリの数だけ世代を確保できます。

次にBunBackupの設定です。
BunBackupには「ドライブ接続監視バックアップ」という機能があります。
この機能を使用しますと、USBメモリをパソコンに挿すだけで自動的にバックアップが始まり、安全な取り外しも自動で行うことができ、バックアップの手間を大幅に省くことができます。
なお、この機能を使用する場合は、BunBackupを常駐させるか、またはUSBメモリを接続する前にBunBackupを起動します。

設定方法は以下の記事を参照してください。
USBメモリに簡単バックアップ

なお、USBメモリなどのハードウェアには寿命があります。
定期的に入れ替えることをお忘れなく。

より安全性を高めるためには、複数のバックアップ方法を組み合わせます。
たとえば、このUSBメモリへのバックアップ方法のほかに、イメージバックアップをする、常時接続のHDDに自動バックアップするなどと組み合わせるとより安全性が高まります。

| | トラックバック (0)

2016/08/18

回復ドライブを作りましょう

パソコンの電源を入れても起動しなかったらどうしますか?。
HDDが故障したり、OSが壊れたりすると、パソコンは起動しなくなります。
セーフモードで起動できれば復旧できる可能性がありますが、それすらもできない場合はお手上げです。

パソコンを購入したときにリカバリーディスクが付属していれば、リカバリーディスクから起動し、HDDを修復したり、初期化したりすることができます。
ただし、リカバリーディスクで初期化した場合は、パソコンを購入した状態に戻ってしまいます。
たとえばWindows7からWindows10にアップグレードしている場合は、OSもWindows7に戻ってしまいます。

そこで最新のOSにも復旧できるように、回復ドライブを作成しておきましょう。
回復ドライブは、簡単にいうと自分で作成するリカバリーディスクのようなものです。
HDDが壊れてパソコンが起動しなくなっても、回復ドライブがあるとそこから起動し、HDDの修復やOSのインストールなどを行うことができます。
たとえば、HDDが故障した場合はHDDを交換する必要がありますが、その際回復ドライブがあると、OSのインストールを簡単に行うことができます。

回復ドライブの作成は難しくありません。
まず、8GB以上のUSBメモリを用意します
USBメモリは回復ドライブ専用になりますので、回復ドライブ用に新たに購入しましょう。
通販なら安価なものであれば、32GBくらいの容量で1500円くらいで購入できます。

次に、OSのコントロールパネル ー システムとセキュリティ ー セキュリティとメンテナンス ー 回復にある「回復ドライブの作成」を選択します。
Windows10の場合は、タスクバーにあるCortanaから「回復ドライブ」と検索すると作成画面を表示できます。
後は画面の指示に従って回復ドライブを作成します。
なお、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」の項目はチェックしておきましょう。

回復ドライブを作成しておけば、パソコンが起動しなくても慌てなくてすみます。
USBメモリ代1500円くらいで安心が買えますので、ぜひ回復ドライブを作成しておきましょう。

| | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »