« ソフトの批判について思うこと | トップページ | 回復ドライブを作りましょう »

2016/06/06

無くてはならないユーザーの協力

ソフトを作成・公開する場合は、以下のような作業を行います
  1. 設計
  2. プログラミン
  3. 動作テスト
  4. ヘルプなどのドキュメントの作成
  5. ホームページの作成
  6. 公開の手続き(ベクター、窓の杜など)
  7. ユーザーサポート
個人が作るフリーソフトの場合は、これらすべてを一人で行わなければなりません。
仕事ではなく趣味として行うわけですから、開発や動作テストなどに使える時間は限られます。
また、通常個人は何台もパソコンを所有しているわけではありませんし、OSも何種類も所有しているわけではありません。
そのため動作テストできる環境も限られます。

そのため、ユーザーさんからの動作報告は非常に重要です。
実際、BunBackupは多くのユーザーさんから動作報告していただくことで、不具合を修正してきましたし、多くの環境でより快適に動作するヒントもいただきました。
個人が一人で開発する場合は、ユーザーさんの協力は欠かせません。

不具合の報告だけでなく、どのような環境で動作したかということも重要な情報です。
たとえば、ユーザーさんからの質問で「このような環境で動作しますか?」「このOSで動作しますか?」というものがありますが、これもユーザーさんから動作報告があれば、すぐに回答することができます。

それと、ユーザーさんからの要望も重要です。
一人でソフト開発をしていると、どうしても機能が片寄ったり、特定の環境でのみ高速で動作したりします。
そのため、どのようにすると使いやすいのか、どのような機能が欲しいのか、どのような環境で使いたいのかがわかると、今後の開発の参考になります。

|

« ソフトの批判について思うこと | トップページ | 回復ドライブを作りましょう »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無くてはならないユーザーの協力:

« ソフトの批判について思うこと | トップページ | 回復ドライブを作りましょう »