« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016/04/21

熊本地震などに寄付した方にBunBackup Proをプレゼント

熊本・大分の地震に被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
自分のできることは何かないかと考えてきましたが、義援金や支援金などの寄付した方がちょっとでもお得というかハッピーな気持ちになっていただければと思い、寄付した方を対象にBunBackup Proをプレゼントさせていただくことにしました。
(BunBackup Proを欲しい方がどれくらいいらっしゃるかわかりませんので、本当に微力で申し訳ないのですが)

BunBackup Proとは?
BunBackup Proは、通常BunBackup解説書の特典ソフトとして提供しています。
BunBackupとの違いは、「高速ファイルコピー」「ミラーリングから除外」機能が追加にされています。
高速ファイルコピー機能は、マルチスレッド、独自大容量バッファを使用し、ローカル接続間のコピー時間を短縮する機能です。また、OSとは異なる独自バッファを使用することで、OSにかかる負荷を少なくすることができます。
ミラーリングから除外機能は、ミラーリングの削除対象から除外する機能です。複数のバックアップ元から一つのバックアップ先にバックアップする場合や、BunBackupを同期に使用する場合などに便利な機能です。

ダウンロード
寄付した方は以下のホームページからBunBackup Proをダウンロードしてください。
ホームページを開きますと、ユーザー名とパスワードを求められます。
ユーザー名は「kifuha」、パスワードは「suteki」と入力してください。

なお、特に寄付した証拠等は必要ありませんし、申告する必要もありません。寄付した方が上記のURLからダウンロードしていただくだけです。
また、寄付は熊本・大分地震に限りません。2016年4月移行で寄付したものすべてを含みます。たとえばエクアドル地震や国境なき医師団などに寄付した場合など、寄付全般を対象とします。

ダウンロード期間
ダウンロードは2016年5月8日(日)までの期間限定とします。
寄付した方でBunBackup Proにご興味がある方は、お早めにダウンロードしてください。

使用条件
恐れ入りますが、BunBackup Proはフリーソフトではありません。
本ソフトは寄付した方で上記のURLからダウンロードした方のみが使用できます。それ以外の方はご使用になれません。あらかじめご了承ください。

| | トラックバック (0)

2016/04/11

ランサムウェアに備えるならバックアップしかない

ランサムウェアってご存じですか?
ランサムウェアとは、パソコンに感染するマルウェア(悪意のあるソフトウェア)の一種です。ランサムウェアに感染すると、パソコン内にあるファイルを勝手に暗号化し、身代金を要求します。ファイルが暗号化されると、そのファイルは手元にあっても開くことができなくなります。

ラサムウェアが厄介なのは、感染後にセキュリティソフトで駆除できたとしても、暗号化されたファイルは元に戻らないことです。
自分はあらかじめセキュリティソフトをインストールしているから安心と思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらセキュリティソフトも万能ではありません。

そのため、ランサムウェアに備えるにはバックアップしかありません。
ファイルがバックアップされていれば、暗号化されててもバックアップ先から復元することができます。

なお、バックアップ方法にも注意点があります。
まず、常にパソコンに接続されているドライブにバックアップしている場合は、そのファイルも暗号化されてしまう可能性があります。これはネットワーク接続されている他のパソコンやNASなども同様ですし、オンラインストレージも同様です。

また、自動バックアップにも注意してください。
自動バックアップしている場合、暗号化されたファイルでバックアップ先の正常なファイルを上書きしてしまう可能性があります。

このようなことから、ランサムウェアに備えるためには、単にバックアップするだけでなく、もう一工夫しましょう。
たとえば、バックアップ先はCD-R、DVD-Rなどの光ディスクを兼用する、バックアップ先をポータブルHDDにし、バックアップ後は取り外すなどが有効です。

| | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »