« BunCalc キーカスタマイズの初期画面を事務電卓風にしてみました | トップページ | リストア超入門(10) バックアップ先は複数用意する »

2016/01/15

リストア超入門(9) バックアップ先が壊れている可能性も

ファイルが壊れたときに、バックアップ先からファイルをリストア(復元)します。
しかし、バックアップ元のファイルが壊れるのと同様に、バックアップ先のファイルも壊れる可能性があります。
バックアップ先が壊れていますと、リストアすることができません。

では、バックアップのバックアップが必用になるのでしょうか。
これを言い出すと切りがないのですが、基本的にはバックアップ先は複数用意すべきです。少なくとも二つ、できれば三つ以上用意することをお勧めします。

前回イメージバックアップの増分バックアップの欠点にちょっと触れましたが、これについても書いておきます。
イメージバックアップは時間がかかりますが、増分バックアップを行うと、前回から更新されたファイルのみをバックアップしますので、短時間でバックアップできます。
ただし、増分バックアップからリストアするためには、最初の完全バックアップと、その後の増分バックアップすべてのファイルが必用になります。
もし、その中の一つのファイルでも壊れていたらリストアできません。
そのため、増分バックアップする場合は、一定期間ごとに完全バックアップすることをお勧めします。

関連記事

|

« BunCalc キーカスタマイズの初期画面を事務電卓風にしてみました | トップページ | リストア超入門(10) バックアップ先は複数用意する »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リストア超入門(9) バックアップ先が壊れている可能性も:

« BunCalc キーカスタマイズの初期画面を事務電卓風にしてみました | トップページ | リストア超入門(10) バックアップ先は複数用意する »