« リストア超入門(5) リストアの手順を確認しておく | トップページ | リストア超入門(7) リストアを考慮したバックアップ »

2016/01/07

リストア超入門(6) 短時間でリストアするには

短時間でリストア(復元)するにはどうしたらいいのでしょうか?

たとえば、パソコンに内蔵されているHDDが壊れたとします。そうしますと、そのHDDは使えませんので、新しいHDDを買ってきます。
このとき、新しいHDDにOSやアプリケーションのインストールから行うと時間がかかります。
このような場合は、イメージバックアップしておくと、リストアを短時間で行えます。
イメージバックアップはドライブまるごとバックアップします。バックアップの中にはOSやアプリケーションなども含まれているため、リストアが簡単・短時間に行えます。

別の例を考えてみましょう。
HDDのファイルを誤って上書きしてしまったとします。
そこでバックアップ先から、一つのファイルを選択してHDDにコピーしリストアします。
このとき、ファイル単位でバックアップするファイルバックアップしておくと、リストアが簡単に行えます。

このようにリストアを短時間で行う方法は、状況によって異なります。
そのため、いろいろな状況で短時間でリストアするためには、複数のバックアップ方法を組み合わせておく必要があります。

バックアップ方法は大きく分けると二つあります。
一つはイメージバックアップ、もう一つはファイルバックアップです。
イメージバックアップは、ドライブまるごとバックアップします。
ファイルバックアップは、ファイル単位で必要なものを選択してバックアップします。
それぞれ、利点・欠点がありますので、この二つのバックアップ方法を組み合わせることが基本になります。
次回もう少し具体的に説明します。

関連記事

|

« リストア超入門(5) リストアの手順を確認しておく | トップページ | リストア超入門(7) リストアを考慮したバックアップ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リストア超入門(6) 短時間でリストアするには:

« リストア超入門(5) リストアの手順を確認しておく | トップページ | リストア超入門(7) リストアを考慮したバックアップ »