« リストア超入門(12) クラウドからのリストアは時間がかかる | トップページ | リストア超入門 まとめ »

2016/01/28

リストア超入門(13) BunBackupでバックアップしたものをリストアする方法

最後にBunBackupのリストア方法について書きます。
と言いましても、BunBackupはファイルバックアップソフトですから、リストアは難しくありません。
基本的にバックアップ先からファイル(またはフォルダ)をコピーしてくるだけです。
そのためリストアする場合は、特に専用ソフトを使用しなくても、エクスプローラーなどからも可能です。

BunBackupを使用してリストアする場合は、バックアップに設定していた設定ファイルで「バックアップ元フォルダ」と「バックアップ先フォルダ」を入れ替えて、バックアップを実行してください。
これでバックアップ先からバックアップ元へファイルがコピーされます。
「バックアップ元フォルダ」と「バックアップ先フォルダ」を入れ替える場合は、「バックアップ設定」の「バックアップ元フォルダ」と書かれている部分をマウスの右ボタンでクリックしてください。メニューを表示しますので「バックアップ元とバックアップ先を入れ替える」を選択してください。

なお、暗号化機能を使用していた場合は、「バックアップ詳細設定」の「暗号化」タブで「復号化する」を選択してからバックアップしてください。

圧縮機能を使用していた場合は、BunBackupからはリストアできません。
ZIP形式で圧縮していた場合は、Windowsから直接解凍してください。

BunBackupでは、BunRestoreというリストア用ソフトもご用意しています。
通常はこのソフトを使用しなくてもリストアできますが、暗号化や圧縮していた場合はBunRestoreでリストアした方が便利な場合もあります。

リストア超入門 まとめ

|

« リストア超入門(12) クラウドからのリストアは時間がかかる | トップページ | リストア超入門 まとめ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リストア超入門(13) BunBackupでバックアップしたものをリストアする方法:

« リストア超入門(12) クラウドからのリストアは時間がかかる | トップページ | リストア超入門 まとめ »