« リストア超入門(10) バックアップ先は複数用意する | トップページ | リストア超入門(12) クラウドからのリストアは時間がかかる »

2016/01/21

リストア超入門(11) リストア前にリストア先をチェックする

たとえばHDDのファイルが壊れた場合、バックアップ先からファイルをコピーしてリストア(復元)します。
その際、ファイルの壊れた原因がHDDにあれば、リストアしてもまた壊れてしまうかもしれません。
そのため、リストアする場合は、リストア先のドライブに問題がないか調べる必要があります。

ドライブを調べる方法として基本となるのは、OSの「エラーチェック」機能を使用する方法です。
エクスプローラーなどからドライブをマウスの右ボタンでクリックしてメニューを表示し、「ツール」タブの「エラーチェック」を実行します。

リストアする前に必ずエラーチェックでドライブの状態をチェックしましょう。
なお、OSのエラーチェック機能は、必ず問題を見つけることができるわけではありません。
エラーチェックが正常でも、ドライブに問題が残っている可能性はありますので注意してください。

このようなことから、念のためにリストア直後は、バックアップで正常なバックアップ先のファイルを上書きしないことをお勧めします。
可能でしたら、別のメディアにバックアップして、しばらく様子を見ましょう。

関連記事

|

« リストア超入門(10) バックアップ先は複数用意する | トップページ | リストア超入門(12) クラウドからのリストアは時間がかかる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リストア超入門(11) リストア前にリストア先をチェックする:

« リストア超入門(10) バックアップ先は複数用意する | トップページ | リストア超入門(12) クラウドからのリストアは時間がかかる »