« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/12/31

リストア超入門(5) リストアの手順を確認しておく

前回「リストアは急を要する」という記事でも紹介しましたが、基本的にリストア(復元)するときは慌てているときです。
そのため、落ち着いてリストアするためには、あらかじめリストアをシミュレーションしておくことをお勧めします。

普段バックアップをしている人でも、リストアしたことある人は以外と少ないのではないでしょうか。
普段行っているバックアップでちゃんとリストアできるのか、またどのような手順でリストアするのかは確認しておきましょう。
慌てていて間違ったリストアをしてしまうと、大事なファイルをなくしてしまうかもしれません。

特にリストアするために専用ソフトが必要な場合は、その専用ソフトの使用方法をマスターしておくか、いつでも取り出せる場所に説明書を置いておきましょう。
また、リストアするために専用の起動ディスク(またはUSBメモリ)が必要な場合は、それもあらかじめ作成しておきましょう。

できれば一度実際にリストアして、リストア方法や手順を確認してみることをお勧めしますが、万が一リストアが失敗してしまうと、正常なパソコンの環境を壊してしまう可能性がありますので、リストアを試す場合は十分注意してください。

リストア超入門 まとめ

| | トラックバック (0)

2015/12/29

リストア超入門(4) リストアは急を要する

リストア(復元)が必用になるのは、パソコンが故障するなど、何らかの事故やトラブルが起きたときです。
このような場合は、急いで復旧しなければならないことも多いと思います。
たとえば、会社のパソコンが起動しなくなってリストアするとして、それに時間がかかればパソコンが使えない時間が長くなり、仕事に支障をきたします。
そのため、素早くリストアできるということは、非常に重要になります。

いくら普段真面目にバックアップしていても、いざというときにリストア方法がわからなければ意味がありません。
そのため、バックアップするときには、リストアすることをイメージしておく必要があります。
様々な場面でどのようにリストアすれば、素早く復旧できるのかを考えておきましょう。

そして、それに基づいてバックアップを計画しましょう。
あらかじめ準備しておかなければ、いざというときに適切なリストアできません。

リストア超入門 まとめ

| | トラックバック (0)

2015/12/26

リストア超入門(3) リストアが必用になるのはどんなとき?

リストア(復元)が必用になるのは、どのようなときでしょうか。

HDDなどの故障
HDDなどのメディアはハードウェアですから、いつかは壊れます。これはHDDだけでなくUSBメモリ、DVD-R、CD-Rなどのメディアでも同様です。
メディアが壊れれば、そこに入っていたファイルを取り出せなくなるかもしれません。

災害
災害でHDDなどのメディアが壊れる場合があります。
たとえば雷でHDDが故障したり、地震でパソコンが倒れたりするかもしれません。

ウイルス
パソコンがウイルスに感染すると、ファイルを削除されたり、ファイルを暗号化されたりする場合があります。

誤操作
見逃しがちですが、人による誤操作でファイルが消失する場合もあります。
たとえば、間違ってファイルを上書きしてしまったり、ファイルを削除したしまったりしたことはないでしょうか。
もしかすると子供やペットにファイルを削除されるかもしれません。

紛失
USBメモリなどのメディアを紛失したり、ノートパソコンをどこかに置き忘れてしまったりした場合、一カ所にしかファイルを保存していないと、大事なファイルをなくしてしまうことになります。
ノートパソコンを置き引きされたり、自宅に泥棒が入ってパソコンを盗まれる可能性もあります。

このようにリストアが必要になる場面は様々あります。

リストア超入門 まとめ

| | トラックバック (0)

2015/12/23

リストア超入門(2) リストア(復元)とは?

リストアとは、バックアップしたものからファイルを復元することです。
ファイルが壊れたり消失したりした場合、バックアップ先からそのファイルをコピーして復旧します。これをリストアと言います。

ファイルはHDDなどのメディアに保存されていますが、HDDが故障すると、そこからファイルを救出するのは容易ではありません。
復元ソフトを使用することである程度救出できる可能性はありますが、完全に復元するのは難しいでしょう。
HDDなどからファイルを救出してくれる専門業者もありますが、時間と費用は相当かかりますし、これも完全な復元は難しいでしょう。

このような事態を避けるには、あらかじめ別のメディアにバックアップ(複製を作成)しておく必要があります。
バックアップしておけば、バックアップ先からリストアすることができます。

リストア超入門 まとめ

| | トラックバック (0)

2015/12/21

リストア超入門(1) 何のためにバックアップ?

今回から、バックアップよりも難しいと言われるリストア(復元)について、何回かに分けて説明していきます。

まずはバックアップから考えていきましょう。
バックアップは何のために行うのでしょうか?
それは何らかの問題が発生したときにリストア(復元)するためです。
つまりバックアップはリストアするための準備であって、バックアップをすること自体に意味はありません。あくまでもリストアに備えている訳です。

バックアップは保険ですから、リストアが必要にならなければバックアップは無駄な行為なってしまいます。
また、バックアップは手間と時間とコストがかかります。
これが多くの人にとってバックアップが億劫になる原因でしょう。

では、バックアップが役立つのはどのような場合でしょうか?
HDDが故障した場合、パソコンが起動しなくなったり、ファイルにアクセスできなくなったりします。
そうしますと、たとえば仕事に支障が出たり、家族の大切な写真が無くなったりしてしまうかもしれません。
このような場合でも、バックアップしてあれば、リストアすることでファイルを復旧することができます。

リストア超入門 まとめ

| | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »