« リストア超入門(2) リストア(復元)とは? | トップページ | リストア超入門(4) リストアは急を要する »

2015/12/26

リストア超入門(3) リストアが必用になるのはどんなとき?

リストア(復元)が必用になるのは、どのようなときでしょうか。

HDDなどの故障
HDDなどのメディアはハードウェアですから、いつかは壊れます。これはHDDだけでなくUSBメモリ、DVD-R、CD-Rなどのメディアでも同様です。
メディアが壊れれば、そこに入っていたファイルを取り出せなくなるかもしれません。

災害
災害でHDDなどのメディアが壊れる場合があります。
たとえば雷でHDDが故障したり、地震でパソコンが倒れたりするかもしれません。

ウイルス
パソコンがウイルスに感染すると、ファイルを削除されたり、ファイルを暗号化されたりする場合があります。

誤操作
見逃しがちですが、人による誤操作でファイルが消失する場合もあります。
たとえば、間違ってファイルを上書きしてしまったり、ファイルを削除したしまったりしたことはないでしょうか。
もしかすると子供やペットにファイルを削除されるかもしれません。

紛失
USBメモリなどのメディアを紛失したり、ノートパソコンをどこかに置き忘れてしまったりした場合、一カ所にしかファイルを保存していないと、大事なファイルをなくしてしまうことになります。
ノートパソコンを置き引きされたり、自宅に泥棒が入ってパソコンを盗まれる可能性もあります。

このようにリストアが必要になる場面は様々あります。

リストア超入門 まとめ

|

« リストア超入門(2) リストア(復元)とは? | トップページ | リストア超入門(4) リストアは急を要する »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リストア超入門(3) リストアが必用になるのはどんなとき?:

« リストア超入門(2) リストア(復元)とは? | トップページ | リストア超入門(4) リストアは急を要する »