« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015/08/16

間接指定機能って使ってますか?

BunBackupに間接指定という機能があるのをご存じでしょうか?
通常バックアップ元・先を設定する場合はパス名で入力します。
たとえばこんな感じです
C:\Users\Nagatsuki\Documents
ドライブ名から始まり、フォルダ名を列挙します。

上の例はOSの「ドキュメント」のパス名ですが、このパス名はOSやアカウント名などによって変化します。
そのため、OSのバージョンが変わったり、アカウント名が変わったりすれば、設定を変更しなければなりません。

そこでBunBackupでは、直接パス名を入力する代わりに、間接的に入力する機能を搭載しています。これが間接指定です。
たとえば、間接指定で「ドキュメント」を設定する場合は、こんな感じです。
<WIN_マイドキュメント>
このように設定しますと、BunBackupはバックアップ時に間接指定部分がパス名に置換してからバックアップします。つまり<WIN_マイドキュメント>がC:\Users\Nagatsuki\Documentsに置き換えてからバックアップします。

間接指定の利点の一つはは、パス名を知らなくてもいいということです。たとえば「ドキュメント」をバックアップする場合、「ドキュメント」のパス名を調べる必要があります。しかし間接指定で設定すれば、パス名を調べる必要はありません。
もう一つの利点は、OSやアカウント名が変わっても、設定を変える必要がないことです。

このように便利な間接指定ですが、おそらく使っている方は少ないのではないかと思います。使っている方でも「編集」メニューの「アプリケーションから追加」から設定しているくらいではないでしょうか。

間接指定機能は、敢えて見つけづらくしてあります。
なぜかといいますと、BunBackupの設定項目をこれ以上増やしたくないためです。機能を追加しますとその分設定項目は増えます。設定項目が増えますと、わかりづらくなります。

そこで、間接指定では、設定項目を設けるのではなく、「バックアップ元フォルダ」「バックアップ先フォルダ」内に記述することで動作するようにしています。
一般にはあまり使われないけどあると便利という機能は間接指定にしています。わかる人だけが使ってくれればいいというスタンスです。

ただ、間接指定には、人によっては非常に便利な機能です。
もしご興味がありましたら、ヘルプや以下のブログをご参照ください。

間接指定

| | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »