« BunBackup超入門 | トップページ | BunBackup超入門(2) バックアップ先を用意する »

2014/08/18

BunBackup超入門(1) 何をバックアップするかを決定する

最初に行うのは、何をバックアップするかを決めることです。
バックアップしなければならないファイルとは何でしょうか。
バックアップが必要なファイルは人によって異なりますが、基本は無くなると困るファイルです。
たとえば、デジカメなどで撮影した写真、自分で作成したWordやExcelなどのファイルなどは、無くなると元に戻すことはできません。
無くなって困るファイルは必ずバックアップしましょう。

バックアップが必要ないファイルもあります。
たとえば、CDからインストールしたOSやアプリケーション関係のファイル、いつでもホームページからダウンロードできるファイルなどです。
これらはパソコンが壊れて取り出せなくなっても、CDなどから復元できます。

バックアップする容量が大きくなると、時間やコストがかかります。
そのため、何をバックアップするかを考え、バックアップするファイルを少なくすることは重要です。
もし、何をバックアップしていいかわからない、とにかくすべてをバックアップしたいという方は、BunBackupのようなファイルバックアップソフトではなく、イメージバックアップソフトを使用することをご検討ください。

バックアップが必要なファイルが決まりましたら、これらのファイルは一カ所に集めておきましょう。
一カ所に集めておくことで、バックアップにかかる手間を省くことができますし、管理が楽になります。
集める場所は、OSの「ドキュメント」(またはマイドキュメント)をお勧めします。
ファイルを分類して保存しておきたい場合は、ドキュメントにサブフォルダを作成して分けて保存してください。

|

« BunBackup超入門 | トップページ | BunBackup超入門(2) バックアップ先を用意する »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BunBackup超入門(1) 何をバックアップするかを決定する:

« BunBackup超入門 | トップページ | BunBackup超入門(2) バックアップ先を用意する »