« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014/05/08

BunBackup テスト版 Ver.4.1b1公開

BunBackup テスト版 Ver.4.1b1を公開いたしました。

動作テストのご協力よろしくお願いいたします。
不具合を発見された場合や、ご意見・ご要望などがありましたらメールでお知らせください。

主な変更点は以下の通りです。

  • バックアップ分析に「ファイルチェック」(ファイルの更新日時が壊れていないかなどをチェックする)機能を追加
  • 高速ファイルチェックDBの更新日時が壊れている場合に、どのファイルが壊れているかを表示
  • 高速ファイルチェックDBの削除機能を追加
  • レジストリの間接指定で一部のキーが参照できなかったのを修正

今回のバージョンアップでは、以下のことが可能になります。

バックアップ元・バックアップ先のファイルチェック
メディアのトラブルなどのため、ファイルの更新日時が壊れたり、ディレクトリ情報が壊れたりする場合があります。
特に最近になって、このトラブルが多く発生しています。
BunBackupはファイルバックアップですから更新日時を参照しますが、更新日時が壊れていますと、正しいバックアップができません。
一般のユーザーさんは更新日時が壊れていても気づかないことが多いため、正しくバックアップできていない場合もあります。

従来のBunBackupでも更新日時が壊れていれば、エラーメッセージを表示してバックアップを中断していましたが、どのファイルが壊れているかはユーザーさん自身で確認する必要がありました。
そこで、今回のバージョンアップで、どのファイルの更新日時が壊れているかを具体的に表示するようにしました。

また、バックアップ前にも更新日時のチェックを行える機能を追加しました。
従来からある「バックアップ分析」機能に、「ファイルチェック」という機能を追加しました。
この機能を使用しますと、すべてのバックアップ元・バックアップ先のファイルの更新日時が正しいかを確認し、簡易なディレクトリ情報のチェックを行います。

なお、更新日時が壊れている場合、単に更新日時が壊れているのではなく、ドライブに不具合が出た可能性もあります。
そのため、更新日時が壊れた故のメッセージが出た場合は、OSのエラーチェック機能などを使用して、ドライブが正常か確認することをお勧めします。

| | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »