« ドライブに不具合がある状態でバックアップしていませんか? | トップページ | そのファイルはバックアップが必要ですか? »

2014/04/05

設定ファイルごとにログファイルを分ける

BunBackupは、「設定」メニューの「環境設定」-「ログ」タブに「ログファイル名」という設定項目があり、ここでログファイル名を設定します。
そのため、通常一つのBunBackupに対して、一つのログファイルになります。

ユーザーさんによっては、状況によりログファイルを分けたい場合があるかもしれません。
以前「ログファイルを月・年ごとに自動で分ける」という記事で、日付でログファイルを分ける方法を説明しました。

今回は、設定ファイルごとにログファイルを分ける方法をご説明します。
BunBackupでは、間接指定の<LBK>を利用すると、その部分が設定ファイル名で置き換わります。
たとえば、BunBackupの設定ファイル名が「バックアップ1.lbk」で、「ログファイル名」を「ログ-<LBK>.txt」と設定すると、ログファイルは「ログ-バックアップ1」というファイル名で保存されます。設定ファイルが「バックアップ2.lbk」の場合は、ログファイル名は「ログ-バックアップ2」となります。

この機能を利用することで、設定ファイルごとにログファイルを作成することができます。
ログファイルを分けますと、その分メモリ使用量が少なくなりますし、ログを処理する時間も短くなります。

|

« ドライブに不具合がある状態でバックアップしていませんか? | トップページ | そのファイルはバックアップが必要ですか? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 設定ファイルごとにログファイルを分ける:

« ドライブに不具合がある状態でバックアップしていませんか? | トップページ | そのファイルはバックアップが必要ですか? »