« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014/03/17

ファイルの更新日時は正常ですか?

最近ファイルの更新日時に関するトラブルの問い合わせが増えてきています。

たとえば、ファイルを更新していないにもかかわらず、ファイルが毎回コピーされる場合があります。バックアップ元・先にあるファイルの更新日時が壊れていると、このような現象が起きることがあります。
また、高速ファイルチェック機能を使用していて、バックアップ時に「日付に変換できない値が渡されました」と表示される場合があります。これは、バックアップ先にあるファイルの更新日時が壊れているため、日時を正しく変換できずに起きるエラーです。

このような場合は、バックアップ先にある各ファイルの更新日時を調べてください。
更新日時に問題があれば、空欄になっていたり、あり得ない日時になっていたりします。
ファイルが多数あって調べるのが大変な場合は、エクスプローラーなどで詳細表示にし、更新日時で並び替えると見つけやすくなります。

更新日時が壊れる原因は様々ですが、メディアが壊れている、ディレクトリ情報が壊れているなどが考えられます。
また、バックアップ先がNASの場合、更新日時が壊れることが多いようです。

BunBackupはファイルバックアップソフトですから、更新日時が正常でないとバックアップができません。
更新日時が壊れた場合は、手動で修正してください。
更新日時を変更する場合は、ベクターなどにフリーソフトが公開されています。

▼ベクター - タイムスタンプ・属性操作
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/file/attr/

なお、ファイルの更新日時が壊れている場合は、メディアが壊れている可能性もありますので、一度ドライブの「エラーチェック」をすることをお勧めします。

| | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »