« 窓の杜で機能表示設定について取り上げていただきました | トップページ | ウイルスバスターによるINASOFT製ソフトの誤検知問題について思うこと »

2013/12/19

なぜ電卓ソフト?

先日関数電卓ソフトBunCalcを公開しました。
多くの人は、なぜ今ごろWindowsで電卓ソフト?と思いますよね。

すでにWindows用のソフトはたくさんありますし、最近はスマホのアプリもたくさんあります。
自分もいろいろ試してみたのですが、いいソフトもたくさんありました。
ただ自分が欲しかったのは、高速に入力できる電卓でした。
多くの電卓ソフトは本物の電卓を模しているものが多く、あまり早く入力することができません。

自分が欲しかった電卓は、
  • 計算式で入力できること(編集できるため)
  • キーボードから入力できること(高速に入力するため)
  • 計算履歴を記録できること(過去の計算を利用するため)
  • 変数を使えること(繰り返しの計算を高速にするため)
です。

特に計算式をキーボードで入力できることは重要でした。
計算式をキーボードから入力できれば、入力を高速に行うことができます。
「sin」などの関数もキーボードから入力できるため、複雑な計算式には特に有効です。

パソコンで作業しているときに電卓を使う場合は、ぜひBunCalcを試してみてください。
キーボードを早く打てる人なら、本物の電卓より早く入力することができますよ。
フリーソフトですから、お気軽にお試しください。

|

« 窓の杜で機能表示設定について取り上げていただきました | トップページ | ウイルスバスターによるINASOFT製ソフトの誤検知問題について思うこと »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ電卓ソフト?:

« 窓の杜で機能表示設定について取り上げていただきました | トップページ | ウイルスバスターによるINASOFT製ソフトの誤検知問題について思うこと »