« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013/01/26

BunBackup テスト版 Ver.3.61b1公開

BunBackup テスト版 Ver.3.61b1を公開いたしました。

動作テストのご協力よろしくお願いいたします。
不具合を発見された場合や、ご意見・ご要望などがありましたらメールでお知らせください。

変更点は以下の通りです。

  • AUTOなどのメインウインドウを表示しないコマンドラインオプション使用していて、ミラーリングで「ごみ箱を使用する」をチェックしている場合、バックアップが失敗する不具合を修正
  • 省メモリバックアップ時、ミラーリングで「ごみ箱を使用する」をチェックしていても機能しないことがあるのを修正
  • バックアップ元フォルダでドライブ名の後に\が無い場合、バックアッププレビューやバックアップ結果表示でフォルダ名が正しく表示されないのを修正

| | トラックバック (0)

2013/01/23

フリーソフトの楽しみ方

窓の杜で「フリーソフトの使い方と楽しみ方」という記事が出ていました。(「#モリトーク」いつも楽しく拝読しています)
興味ある内容だったので、フリーソフト作者の一人として、フリーソフトの楽しみ方を考えてみたいと思います。

フリーソフト作者にとって、ソフトを公開するメリットの一つは、ユーザーさんとのコミュニケーションです。
要望をいただいたり、不具合を指摘していただいたりすることで、協力してソフトを育てていくことができます。
自分一人では限界がありますが、他の人から助けていただくことで、より優れたソフトになるのではないかと思っています。

その典型が不具合のご指摘です
市販ソフトでも開発費に限界はありますから、テストに動員できる人数や時間には限界があります。
それに対して、フリーソフトは無償でテストに協力していただける方がたくさんいます。
そしてフリーソフトだからこそ、開発者も柔軟に対応することがでいます。
フリーソフトだから品質が悪いという意見もありますが、フリーソフトだから品質が高いという側面もあるのではないかと思っています。

窓の杜の記事には「フリーソフトとは、不具合や使用条件などがあることを前提に工夫しながら利用するものであり、それがフリーソフトの楽しみ方なのではないだろうか。」と書かれていました。
これはフリーソフトを使用するときの基本的な考え方だと思います。

ただ、フリーソフト作者によっては、少しでも不具合をなくしたい、ユーザーさんが面倒に思っていることを解決したいと考えている方もいます。
そのため、ユーザーさんが工夫や我慢するだけでなく、フリーソフト作者に要望や不具合などを伝えてコミュニケーションを取るというのも、フリーソフトの楽しみ方ではないでしょうか。

なお、ご理解いただきたいのは、個人的な意見の押しつけ、命令、誹謗、僻見、愚痴などは、コミュニケーションとは言えません。
お互いの意見や情報の交換がコミュニケーションだと思いますし、お互いを尊重し合うことが大事だと思います。
開発者とユーザーさんが協力し合えるのが、フリーソフトの良いところではないでしょうか。

フリーソフトについてのブログの過去記事もリンクしておきます。
フリーソフトがもっと増えるためには
フリーソフトがもっと増えるためには 2012年版
フリーソフトの役割

| | トラックバック (0)

2013/01/19

キーボード購入

最近はノートパソコンを使っている方が多いので、外付けのキーボードを使っている方は少ないと思いますが、最近キーボードを購入したので、これについて書いてみたいと思います。

長く使用していたキーボードのシフトキーが反応しなくなってしまいました。
キーボードが壊れてしまうと、パソコンが使えませんので、すぐさま家電量販店へ。

行く前からある程度購入するキーボードは決めていました。
それは、今まで使用していたキーボードが気に入っていたので、同じメーカーのものをと考えていたからです。
そのメーカーとはダイヤテックです。
http://www.diatec.co.jp/

私はメカニカルキーボードが好きなのですが、メカニカルキーボードは音がうるさいのが難点です。
そこでメカニカルキーボードで、なるべく音の静かなものを考えていました。
そこで見つけたのがこれ。

Majestouch FKBN91ML/NFB2

ダイヤテックのキーボードは、キーの打鍵感を選ぶことができ、茶軸、黒軸、青軸、赤軸の4種類から選択できます。
(これはキートップを付けるパーツの色のこと。キーを外さないとそのパーツは見えませんが、それに名前を付けているところがすごい)
今までは茶軸を使っていました。茶軸は押した感じは割と軽めで、押したときにかちっとした感触があります。
私は茶軸が一番好みなのですが、音が気になっていたので、今回は黒軸を選択しました。
黒軸は一番キーが重たいタイプで、メカニカルキーボードとしては音が静かです。

使い始めはキーが重くて力が必要なため、失敗したかと思っていました。ダイヤテックのホームページを見ると、キーを一番下まで押し切る必要はないと書いてあったので、押し切らないタイピングに変えてみたところ、これがなかなかいい感触です。
押し切らないため力はあまり必要なく、また、キーが重たい分、反発力も大きいので、指がはじかれる感じで、慣れてくると高速にタイピングできます。
また、押し切らないため音も静かです。

黒軸は、メカニカルキーボード好きで、音が気になる方にはお勧めです。
また、黒軸が気に入らなくても、4種類から選択できるので、好みの打鍵感が見つかるのではないでしょうか。

キーボードとしては高い部類ですが、耐久性もあるので、総合的に見ると十分価値はあると思います。
(壊れたキーボードも7年以上使ってました)
キーボードを変えるだけで、入力はかなり楽になりますので、皆さんも好みのキーボードを探してみてはいかがでしょうか。

| | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »