« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/30

去年と今年でホームページへのアクセスを比較してみました

ホームページのアクセスを去年と比較してみました。
気になった点をまとめておきます。

アクセス数

今年はバージョンアップの回数が少なかったので、ホームページへのアクセスは減っていると思っていましたが、思ったよりも差はありませんでした。

OS
OSはWindows XPが62%から50%へと減少し、Windows7が21%から37% になっています。この傾向を見ると、来年のバージョンアップからは、標準をWindows7用に移行した方がいいかもしれません。

参照元
参照元は、意外にもGoogleが10%ほど増えていて、Yahooが15%ほど減っています。また、Bingは20%ほど増えています。
ちょっと気になったのは窓の杜とベクターからの参照が大幅に減っています。窓の杜は今年記事にならなかったこともあると思いますが、これらのサイトのアクセス数自体も減ってきているということなのでしょうか? 反対にフリーソフト100からの参照が大幅に増えています。
OKWaveからのアクセスが65%増えているというのも意外でした。

検索キーワード
検索キーワードで特に目立った点としては、「バックアップ」という単語での検索が去年よりも90%上昇しています。チェックしていなかったのですが、去年よりも「バックアップ」の検索結果が上位になったのかもしれません。
面白いのは、「ポータブルhdd」というキーワードが300%以上増えています。ホームページやブログなどで、ポータブルHDDへのバックアップをお勧めしていることが原因かもしれません。

ホームページランキング
ホームページのランキングとしては、「バックアップ入門」のトップページが大きくランクアップしています。
意外だったのは、「BunBackup解説書」のランキングがアップしています。解説書を公開したのは去年の3月だったので、今年は2ヶ月分多いということもありますが、去年の公開直後の2ヶ月を除けば、各月のアクセス数も去年を上回っています。これはなぜなんでしょう。ちょっと不思議です。

| | トラックバック (0)

2011/12/18

BunBackup解説書への要望はありませんか?

BunBackup解説書 を公開して一年以上たちました。
今年の8月にBunBackupの最新版に対応したものも公開しています。
以前購入された方は無償で入手できますので、ぜひ最新版を入手してください。

BunBackup同様に解説書も今後更新していきたいと考えていますが、残念ながら解説書に対する要望が来ません。
すでに解説書をお読みになった方で、こんな記事を追加して欲しい、ここがわかりづらかった、ここをもっと詳しく知りたいなど、ご意見ご要望がありましたら、ぜひご連絡ください。
もちろん誤字脱字や正しくない文章などのご指摘も大歓迎です。
今後の参考にさせていただきます。

| | トラックバック (0)

2011/12/10

FAQのホームページを更新しました

FAQ のホームページを更新しました。

追加した項目は以下の通りです。

  • フォルダが壊れている可能性があります」というメッセージが出ます
  • ウインドウタイトルに「応答なし」と表示されます
  • 64bitのOSでの動作しますか?
  • Windows起動時に複数のBunBackupが起動します
  • Windows Vista/7で環境設定の「関連付けする」が失敗します
  • バックアップの状況が表示されません
  • 「実装されていません」というエラーが出ます
  • 「AVIを開くことができません」というエラーが出ます

| | トラックバック (0)

2011/12/04

HDDの値上がりに対処する方法

タイの洪水の影響で、HDDの価格が高くなってきています。
現在のところこの影響がいつまで続くかわかりませんが、来年の3月ころまで続くという情報もありますし、タイの工場が完全に復旧するには、来年の秋ころになるという情報もあります。
そこで、今まで使ってきたバックアップ用HDDの容量が不足してきたけど、HDDが値上がりしてきたから一時しのぎをしたいというときの対処方法を考えてみました。

バックアップの対象となるファイルを少なくする
今までは容量に余裕があったため、重要ではないファイルもバックアップしていたのであれば、バックアップ対象となるファイルを限定しましょう。

BunBackupには、「対象ファイル」「除外ファイル」「除外フォルダ」という機能があり、この機能でバックアップの対象となるファイルを限定することができます。

バックアップ先がNTFSフォーマットの場合はOSの圧縮機能を利用する
バックアップ先がNTFSフォーマットの場合は、OSの圧縮機能を使用することができます。
この圧縮機能は、それほど小さくすることはできませんが、その代わりアクセス速度があまり犠牲になりません。そのため、バックアップには便利な機能です。

BunBackupの圧縮機能を利用する

バックアップする容量が少ないのであれば、BunBackupの圧縮機能を利用しましょう。
BunBackupは圧縮用DLLを利用することで、LZH形式や、ZIP形式でバックアップ先を圧縮することができます。
この機能はNTFSフォーマットの圧縮機能よりも圧縮率が高くなりますが、その分圧縮には時間がかかります。

古いパソコンをバックアップ先にする
もし、今使用していない古いパソコンがあるのであれば、そのパソコンをネットワークで接続し、バックアップ先にするという方法もあります。
古いパソコンの不要なファイルを削除し、HDDを圧縮の設定にして、それをネットワークに接続してください。

BunBackupはネットワーク上にあるパソコンにもバックアップすることができます。
今までバックアップしていたフォルダの一部を、古いパソコンにバックアップすることで容量不足を補えます。

古いHDDをHDDケースに入れてバックアップ先にする
古いパソコンや以前使っていたベアHDDが手元にあるのであれば、そのHDDをHDDケースに入れて外付けHDDにして、バックアップ先にしましょう。

中古のパソコン、NAS、外付けHDDを買う
中古で格安のパソコンなどがあれば、それを利用しましょう。
古いパソコンでHDD容量が足りなくても、不要なアプリケーションをアンインストールしたり、NTFSフォーマットの圧縮を利用したりすると、ある程度の空き容量ができます。

| | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »