« ファイルバックアップの利点 | トップページ | ミラーリングの危険性を理解しよう »

2011/09/19

バックアップするファイルが増えている?

最近ユーザーサポートをしていて気になるのは、バックアップ対象となるファイルが急激に増えているのではないかということです。

従来であれば、数万くらいのファイルをバックアップの対象としている方が多いと感じていましたが、最近では数十万くらいは普通で、百万を超えるファイルをバックアップしている方も珍しくないようです。

この原因の一つは、HDDの大容量化の影響があるかもしれません。
HDDの容量が少なかった時代は、空き容量が少なくなれば、古い不要なファイルは削除する必要がありました。
しかし、現在では2TBでも1万円を切る時代です。ほとんどのユーザーは不要なファイルを削除する必要はなくなりました。つまり、古いファイルを削除せず、どんどん新しいファイルが追加されていきますので、ファイルは増える一方になります。

しかし、バックアップ対象となるファイルが増えている原因はこれだけではないようです。
最近は対象ファイルを絞るのではなく、ドライブまるごとなど、対象ファイルを広げていることもあるのではないかと思います。
バックアップ初心者は、様々な設定をして対象ファイルを絞るのは難しいため、対象ファイルが多くなる傾向があります。

対象ファイルが多くなると、その分パソコンにかかる負荷は大きくなりますし、バックアップに時間がかかります。
BunBackupはできるだけ短時間にバックアップできるよう、様々な工夫をしています。
ただし、数万のファイルをバックアップする場合と、百万を超えるファイルをバックアップする場合では、バックアップエンジンのチューニング方法が全く異なります。

そのため、BunBackupではどちらにも対応できるように、二つのバックアップエンジンを搭載しています。パソコンの環境にもよりますが、10万くらいまでのバックアップは通常のバックアップで、それ以上は省メモリバックアップを使用することをお勧めします。

また、ドライブまるごとなど、ファイル対象を絞りたくない場合は、BunBackupのようなファイルバックアップソフトではなく、イメージバックアップソフトを使用するのも一つの方法です。ドライブまるごとの場合は、イメージバックアップソフトの方が効率的になります。

|

« ファイルバックアップの利点 | トップページ | ミラーリングの危険性を理解しよう »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックアップするファイルが増えている?:

« ファイルバックアップの利点 | トップページ | ミラーリングの危険性を理解しよう »