« バックアップするファイルが増えている? | トップページ | BunBackupはなぜごみ箱を使用しないのか »

2011/09/29

ミラーリングの危険性を理解しよう

ファイルバックアップソフトには、通常ミラーリングという機能が付いています。
ファイルバックアップにおけるミラーリングとは、バックアップ元で削除されたファイルがあれば、それに対応するバックアップ先のファイルを削除する機能です。
つまりミラーリングすることで、バックアップ元とバックアップ先のファイル構成を同じにすることができます。

ミラーリングはファイルを削除する機能です。そのため、設定を間違うと必要なファイルまで削除してしまう危険な機能です。
しかし、最近ミラーリングの危険性を理解せず、安易に使用する人が増えているように感じます。

ミラーリング機能は、おそらくBunBackupで一番多く使われている機能だと思います。
そのためかミラーリングの設定を間違えて、バックアップ先のファイルを削除してしまったという問い合わせを時々いただきますし、それが増えているように感じます。

バックアッププレビューで確認しよう

バックアップする前に設定が正しいか確認しましょう。
BunBackupには「バックアッププレビュー」という機能があります。この機能を利用すると、バックアップによってどのファイルがコピーされ、どのファイルが削除されるのかを事前に確認することができます。
特に初回のバックアップのときには、必ずバックアッププレビューで設定が正しいかを確認してください。

自動バックアップは世代管理とログで対処しよう
自動バックアップの場合は、毎回バックアッププレビューで確認できません。
この場合は、まず初回だけはバックアッププレビューで設定を確認してください。
そして、間違ったファイルが上書きされたり削除されたりしないように、世代管理機能を兼用してください。また、どのファイルがコピー・削除されたのかを後で確認できるように、ログを記録してください。
ログで間違ったファイルが上書き・削除されていないかを確認し、もし間違ったファイルがあれば、世代管理フォルダから復元してください。
これは、手動バックアップのときも有効です。

削除されたファイルを復元するためには
間違ってファイルが削除されてしまった場合は、復元ソフトを使用するか、専門の業者に依頼するしかありません。

まず、復元するまで削除されたファイルがあるメディアで、ファイル操作は絶対に行わないでください。

次ぎに、復元ソフトを試してみてください。
復元ソフトはフリーソフトから市販ソフトまで様々なものがあります。
どれがよいかは、状況などにより異なる可能性がありますので、いくつかを試してみて判断するしかありません。とりあえずいきなり復元するのではなく、どのファイルが復元できるかを各ソフトで確認することをお勧めします。市販のものでも試用できるものもあります。

復元ソフトで対応できない場合は、専門の業者に依頼するしかありません。
専門業者に依頼する場合は、けっこうな費用がかかります。
なお、専門業者でもすべてのファイルを救出できる訳ではありません。

とにかく間違ってファイルを削除しないよう、十分注意することが必要です。

|

« バックアップするファイルが増えている? | トップページ | BunBackupはなぜごみ箱を使用しないのか »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラーリングの危険性を理解しよう:

« バックアップするファイルが増えている? | トップページ | BunBackupはなぜごみ箱を使用しないのか »