« すべての人がバックアップするためには | トップページ | フリーソフトの役割 »

2011/08/04

BunPieceは失敗?

BunBackupユーザーは興味がないかもしれませんが、BunBackupと兄弟になるBunPieceというソフトがあります。

現在BunPieceは、バックアップに詳しくない方が、項目をチェックするだけで簡単にバックアップできる初心者用ソフトという位置づけになっています。
しかし、もともとBunPieceを開発したきっかけは別のところにありました。

バックアップするときに、バックアップしなければならないファイルがどこにあるかは、難しい問題です。たとえば、OutlookやWindowsメールは、どのファイルをバックアップすればいいのでしょうか?

それぞれのアプリケーションに専用バックアップソフトがあれば、バックアップ元の設定は自動化することができます。そのため、専用ソフトがあれば、バックアップが非常に簡単になるのではないかと考えました。
しかし、各アプリケーションの専用ソフトをいちいち作るのは時間がかかります。そこで、専用バックアップソフトを量産するためのソフトを作ろうと考え、開発したのがBunPieceでした。

そして、専用バックアップソフトを量産するために、「専用バックアップソフト作ります企画」 、 「みんなで作ろうバックアップソフト」という企画もやってみました。
ただ、窓の杜さんで取り上げていただいたにもかかわらず、残念ながら反響はあまりありませんでした。企画の問題もありますが、開発側もユーザー側も、バックアップにはあまり興味がないのかもしれません。

BunPieceはインターフェースが単純なので、簡易に作られた印象があるかもしれませんが、バックアップソフトを量産することを考慮するため、企画段階からけっこう苦労して開発しました。
ちなみに、BunBackupの「間接指定」機能は、BunPieceの機能をスピンアウトしたものです。

|

« すべての人がバックアップするためには | トップページ | フリーソフトの役割 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BunPieceは失敗?:

« すべての人がバックアップするためには | トップページ | フリーソフトの役割 »