« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/24

BunBackupは速い?遅い?

BunBackupを速いという人もいますし、遅いという人もいます。
感覚の違いもあると思いますが、環境の違いもあると思います。

BunBackupは一般的なユーザーを想定して、そのユーザーが最も速くなるように、初期値を設定しています。そのため、想定しているユーザー以外は、環境に合わせて設定した方が速くなる可能性があります。
すべてのユーザーにベストな設定はありません。できるだけ多くのユーザーさんが高速に動作するように努力していますが、一部のユーザーさんは設定や運用方法を工夫していただいた方がより高速に動作します。

たとえば、最近困っているのは、バックアップ対象となるファイル数にあまりにも幅があるということです。
一般的には、マイドキュメントなど自分で作成したファイルをバックアップすることになりますので、数万程度のファイルがバックアップ対象になるのではないかと思います。
しかし、最近はドライブまるごとバックアップしている方が増えてきました。特にバックアップ初心者は何をバックアップしていよいかわからないので、ドライブまるごとバックアップをする傾向にあります。
このように、人によって数千~数百万くらいのファイル数になります。
人によってバックアップ対象のファイル数の桁が違いますので、処理の最適化方法が全く異なってきます。

BunBackupは数万程度のバックアップ用に最適化していますので、当然大量のファイルを対象としている場合は効率が悪くなります。
BunBackupではこれに対応するために、省メモリバックアップという機能を用意しています。この機能を利用すると、大量ファイルに最適化したバックアップを行うことができ、高速にバックアップすることができるようになります。

省メモリバックアップは一例ですが、こういう機能を用意しても、残念ながらあまり利用されないのが実情です。
ヘルプを見るユーザーはほとんどいませんし、機能が多くなると探すのが大変になりますから、仕方ないのかもしれません。これは開発者のジレンマですね。

BunBackupに関わらず、ソフトではいろいろな設定が用意されています。
たまにはヘルプを見てみることをお勧めします。

| | トラックバック (0)

2011/01/08

BunBackup Proをバージョンアップ

BunBackup解説書」付属のBunBackup Proをバージョンアップしました。

解説書を購入し、BunBackup Proを使用している方は、解説書の表紙の次のページに書かれているURLから、新しいバージョンを入手してください。

今回のバージョンアップの内容は以下の通りです。

  • BunBackup Ver.3.42相当にバージョンアップ  
  • ミラーリングから除外機能を追加

ミラーリングから除外機能については、以前このブログで「ミラーリングから除外する機能は必要?」でユーザーさんにご意見をお伺いしました。
その際、予想以上に必要ないというご意見をいただきましたので、通常のBunBackupに搭載するのは見送りました。

ただ、一部のユーザーさんからはこの機能が欲しいという要望をいただいており、ある程度の需要があると考えられますので、Pro版の方に載せることにいたしました。
解説書を購入されたユーザーさんで、ミラーリングから除外機能を使ってみたいという方は、試してみてください。

| | トラックバック (0)

2011/01/02

フリーソフトがもっと増えるためには

ここではいつもバックアップにについて書いていますが、年の初めなので、自分が普段思っていることを書いてみようかと思います。

おそらく、この世の中にプログラミングできる人はたくさんいます。
その人たちがソフトを作って、フリーソフトとして(もちろんシェアウェアでもいいですが)公開すれば、もっと多くの人たちが幸せになるはずです。

個人が公開しているソフトは、もともと自分用に作成したもので、同じ不便を感じている人に使っていただこうと公開したものが多いのではないかと思います。
私もそうでした。BunBackupは、バックアップで不便に思っていることを解消しようと思い作成したものです。
もともと公開するために作成したものではなかったのですが、あるとき思い立って公開することにしました。

ただ、公開すると決めるまでには時間がかかりました。
これは、ソフトを公開することに不安があったからです。
ネット上には、ソフトを非難する投稿にあふれています。自分が一生懸命作成したソフトをけなされることは、気持ちのいいものではありません。
誰かの役に立てばと思い公開したものが、誹謗中傷によってストレスになるなら、公開しない方がましと考えるのは自然なことです。
おそらく私のように考えている開発者は多いのではないかと思います。

でも、考えてみればこれはもったいない話です。
誰かが必要としているソフトは、すでに存在しているかもしれないのです。
より多くのソフトが公開されれば、より多くの人が幸せになれるかもしれません。

そこで提案があります。
まず、プログラミングできる方たちに提案です。
すでに自分用のソフトを作成していれば、とりあえず公開してみてはいかがでしょうか。
ソフトを公開すれば、感謝や励ましのメールをいただいたり、ソフトに対しての要望や意見をいただいたりします。これは、プログラマにとって大変貴重な体験です。
たしかに誹謗中傷で傷つくこともありますが、それよりも得るものがたくさんあります。
いやになればやめてしまえばいいのです。苦痛になりながら続ける必要はありません。
とりあえず始めてみませんか。

次ぎにユーザーさんへの提案です。
ソフトの気に入らない点があれば、それは意見として開発者に直接伝えましょう。
開発者はレスポンスを待っています。2ちゃんねるなどの掲示板やご自分のブログに投稿しても、それは反映されません。
開発者に伝えれば、場合によってはその意見が取り入れられ、結果的にメリットがあるのはユーザーさんです。
匿名の誹謗中傷で開発者のやる気をなくしても、ユーザーさんには何のメリットもありません。

またちょっとした支援を考えてみてください。
支援といっても難しく考える必要はありません。どんな風に使っていて、どんな風に役立っているのかを開発者に伝えましょう。不具合を見つけたら些細なことでもいいので連絡しましょう。要望があれば遠慮せずに伝えましょう。
ユーザーさんからのレスポンスが開発者の糧になります。
開発者がアフィリエイトをやっている場合は、買い物するときはちょっとだけ思い出してください。開発者が寄付を募集している場合は、寄付を考えてみてください。

プログラマはとにかくソフトを作るのが好きな人たちです。
環境さえ整えば、優秀なソフトがたくさん作られるはずです。
ユーザーさんのちょっとした気持ちが、開発者をやる気にさせます。
 お互いにちょっとずつ協力し合えれば、みんなが幸せになれるのではないかと思います。

| | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »