« BunBackup Proをバージョンアップ | トップページ | バックアップソフトを選ぶコツ »

2011/01/24

BunBackupは速い?遅い?

BunBackupを速いという人もいますし、遅いという人もいます。
感覚の違いもあると思いますが、環境の違いもあると思います。

BunBackupは一般的なユーザーを想定して、そのユーザーが最も速くなるように、初期値を設定しています。そのため、想定しているユーザー以外は、環境に合わせて設定した方が速くなる可能性があります。
すべてのユーザーにベストな設定はありません。できるだけ多くのユーザーさんが高速に動作するように努力していますが、一部のユーザーさんは設定や運用方法を工夫していただいた方がより高速に動作します。

たとえば、最近困っているのは、バックアップ対象となるファイル数にあまりにも幅があるということです。
一般的には、マイドキュメントなど自分で作成したファイルをバックアップすることになりますので、数万程度のファイルがバックアップ対象になるのではないかと思います。
しかし、最近はドライブまるごとバックアップしている方が増えてきました。特にバックアップ初心者は何をバックアップしていよいかわからないので、ドライブまるごとバックアップをする傾向にあります。
このように、人によって数千~数百万くらいのファイル数になります。
人によってバックアップ対象のファイル数の桁が違いますので、処理の最適化方法が全く異なってきます。

BunBackupは数万程度のバックアップ用に最適化していますので、当然大量のファイルを対象としている場合は効率が悪くなります。
BunBackupではこれに対応するために、省メモリバックアップという機能を用意しています。この機能を利用すると、大量ファイルに最適化したバックアップを行うことができ、高速にバックアップすることができるようになります。

省メモリバックアップは一例ですが、こういう機能を用意しても、残念ながらあまり利用されないのが実情です。
ヘルプを見るユーザーはほとんどいませんし、機能が多くなると探すのが大変になりますから、仕方ないのかもしれません。これは開発者のジレンマですね。

BunBackupに関わらず、ソフトではいろいろな設定が用意されています。
たまにはヘルプを見てみることをお勧めします。

|

« BunBackup Proをバージョンアップ | トップページ | バックアップソフトを選ぶコツ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BunBackupは速い?遅い?:

« BunBackup Proをバージョンアップ | トップページ | バックアップソフトを選ぶコツ »