« 解説書を公開するまで | トップページ | フリーソフトの解説書は儲かるか »

2010/03/07

BunBackupのシェアウェア化?

BunBackupの解説書を公開してから、いろいろな反応があっておもしろいですね。
特に窓の杜でニュースにしていただいたので、BunBackupのユーザーではない方からの反響もあり、とても興味深いです。

解説書の特典ソフトとしてBunBackup Proを付けましたが、これが一部の方から事実上のシェアウェア化ではないかというご意見がありました。
これは全く違います。

元々解説書にBunBackup Proを付ける予定はありませんでした。
解説書を買っていただいた方にお礼として何かできないかと考えたときに、手元に高速コピー機能があったので、それをおまけとして提供させていただいたということです。
たまたま、通常のBunBackupよりも、Proが高機能だったため、そのように勘違いされる方がいらっしゃったのかもしれません。
あくまでもProは、「おまけ」ソフトという形式です。

実は、開発したすべての機能をBunBackupに載せているわけではありません。
技術的に興味のあるものは、とりあえず作ってみてます。
そして、この機能はBunBackupの多くのユーザーさんに必要なものかを考え、必要と思うものだけを実装しています。
無駄に多機能にならないよう、機能を厳選しています。

こういう実験はよくやっているので、世の中に出ていない機能も結構あります。
高速ファイルコピーもその中の一つでした。
高速ファイルコピーはかなり前に作ったものですが、公開するべきかどうかずっと迷っていました。
そこで解説書を公開するときに、特典ソフトとして光を当ててみようかと考えました。

Proはおまけソフトなので、今後のことは未定ですが、基本的には通常のBunBackupのバージョンアップに合わせて、Proもバージョンアップしていく予定です。
(おそらく動作確認などの関係で、バージョンアップ時期は多少遅くなると思います)
Proをバージョンアップした場合は、Proをダウンロードしたホームページに公開する予定です。

また、せっかくProを作ったので、今後時間があれば、実験的に作成した機能をブラッシュアップして実装していくかもしれません。

今後も通常のBunBackupはフリーソフトとしてバージョンアップしていきますので、よろしくお願いします。
また、Pro版の方にはちょっとマニアックな機能を実装していくかもしれませんが、もしよろしければ、こちらもよろしくお願いします。

|

« 解説書を公開するまで | トップページ | フリーソフトの解説書は儲かるか »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BunBackupのシェアウェア化?:

« 解説書を公開するまで | トップページ | フリーソフトの解説書は儲かるか »