« BunBackup テスト版 Ver.3.3b2公開 | トップページ | 間接指定 環境変数の値 »

2009/09/16

間接指定 Windowsディレクトリ

ここからは、間接指定の各機能について解説していきます。

Windowsディレクトリ

おそらく、最も多くの方が使われる機能だと思います。
この機能を使用すると、Windowsの「マイドキュメント」などのWindowsディレクトリを間接指定することができます。

マイドキュメントやデスクトップ、Application Dataフォルダなどの絶対パスは、OSやアカウント名などによって異なります。
この機能を使用することにより、これらの設定を簡略化することができます。

たとえば、「マイドキュメント」のフォルダを指定する場合は、「<WIN_マイドキュメント>」と設定します。
また、 多くのアプリケーションは「Application Data」フォルダに設定などを保存していますが、これを指定する場合は「<WIN_Application Data>\○○」(○○はアプリケーションに異なります)と設定します。

設定方法

<WIN_マイドキュメント>
<WIN_マイミュージック>
<WIN_マイピクチャ>
<WIN_デスクトップ>
<WIN_お気に入り>
<WIN_Cookies>
<WIN_Application Data>
<WIN_Local Application Data>
<WIN_Program Files フォルダ>
<WIN_Program Files Common フォルダ>
<WIN_SendTo>
<WIN_プログラム>
<WIN_スタートアップ>
<WIN_最近使ったファイル>
<WIN_スタートメニュー>
<WIN_テンプレート>
<WIN_インターネット一時フォルダ>
<WIN_履歴>
<WIN_AllUsers デスクトップ>
<WIN_AllUsers お気に入り>
<WIN_AllUsers Application Data>
<WIN_AllUsers スタートメニュー>
<WIN_AllUsers プログラム>
<WIN_AllUsers スタートアップ>
<WIN_AllUsers テンプレート>
<WIN_AllUsers ドキュメント>
<WIN_AllUsers 管理ツールディレクトリ>
<WIN_Windows ディレクトリ>
<WIN_Windows System ディレクトリ>
<WIN_Profile フォルダ>
<WIN_NetHood>
<WIN_PrintHood>

設定例

マイドキュメント
<WIN_マイドキュメント>

デスクトップ
<WIN_デスクトップ>

お気に入り
<WIN_お気に入り>

IME2007 ユーザー辞書
<WIN_Application Data>\Microsoft\IMJP10

Outlook Express アドレス帳
<WIN_Application Data>\Microsoft\Address Book

ATOK2009 ユーザー辞書
<WIN_Application Data>\Justsystem\ATOK22

|

« BunBackup テスト版 Ver.3.3b2公開 | トップページ | 間接指定 環境変数の値 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間接指定 Windowsディレクトリ:

« BunBackup テスト版 Ver.3.3b2公開 | トップページ | 間接指定 環境変数の値 »