« アイコンを作成していただきました | トップページ | ミラーリングで失敗しないために »

2008/12/23

二つのバックアップエンジン

Ver.3.2からは、従来のバックアップエンジンに加えて、もう一つ別のバックアップエンジンを搭載する予定です。
仮に従来からあるバックアップエンジンを「高速バックアップエンジン」、新たに追加されるものは「省メモリバックアップエンジン」と呼ぶことにしましょう。

高速バックアップエンジンは、できるだけ短時間にバックアップすることを重視しています。
これに対して、省メモリバックアップエンジンは、できるだけメモリを消費せずにバックアップすることを重視しています。

正直一つのソフトに二つのバックアップエンジンは載せたくありませんでした。
これは、今後の開発が難しくなるためです。二つのバックアップエンジンは共通している部分も多いのですが、基本的なアルゴリズムが異なります。そのため、今後の開発は、機能追加、不具合修正、動作テストなども、すべて別々に行わなければなりません。これは開発を進める上で 非常に時間がかかることになります。

では、なぜあえて新しいバックアップエンジンを搭載したのでしょうか。
一つは、ユーザーの数が増えてきて要望が多様化し、一つのバックアップエンジンで対応できなくなってきたということがあります。そのため、異なるバックアップエンジンを追加することで、より多くの要望に答えられるのではないかと考えたからです。

もう一つは、高速バックアップエンジンはいい意味で枯れてきているということがあります。高速バックアップエンジンは、何年もの間多くのユーザーに鍛えていただきました。そのため、改良や修正などの手間はあまりかからなくなってきています。

このようなことから、今回新しいバックアップエンジンの追加にチャレンジすることにしました。

|

« アイコンを作成していただきました | トップページ | ミラーリングで失敗しないために »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二つのバックアップエンジン:

« アイコンを作成していただきました | トップページ | ミラーリングで失敗しないために »