« 省メモリバックアップ | トップページ | BunLogMail Ver.3.20b2 公開 »

2008/10/23

バックアップで失敗しないために

バックアップで失敗したことはないでしょうか?
 
確認せずにバックアップをしていると、必要なファイルがコピーされていなくて、いざというときに役に立たない場合もあります。
また、せっかくバックアップをしていても、時間が経ってしまったのものは最新の状態に戻すことができません。
では、バックアップに失敗しないためにはどうしたらいいのでしょうか。
 
バックアップ元、先のメディアのエラーチェックをする

バックアップのトラブルで意外と多いのが、メディアの破損によるトラブルです。
初めてバックアップする前には、必ずバックアップ元とバックアップ先のメディアのエラーチェックを実行してください。また、定期的にメディアのエラーチェックをしてください。

バックアッププレビューで事前に確認する

バックアップする前に、バックアッププレビューでコピー、削除されるファイルに間違いがないかを確認してください。特に初回のバックアップの時には必ず確認するようにしましょう。こうすることで、設定の間違いを確認することができます。
 
バックアップ後にファイルを確認する
初めてバックアップした場合は、計画通りバックアップされているかバックアップ先フォルダにあるファイルを確認してください。
設定の間違いなどにより、正しくバックアップされない場合があります。特に初回のバックアップの時には必ず確認するようにしましょう。
 
ミラーリングする場合は特に注意する

バックアップの失敗で一番多いのは、ミラーリングの設定間違いです。ミラーリングする場合は、必ずバックアッププレビューを実行し、事前に削除されるファイルを確認してください。
ミラーリングする場合は、世代管理機能を併用することをお勧めします。世代管理機能を併用すれば、間違って削除されたファイルを復帰できることもあります。特に自動バックアップする場合は事前に確認ができませんので、世代管理機の併用をお勧めします。
 
ログを記録する

BunBackupにはバックアップ結果をログに記録する機能があります。この機能を使用して、バックアップ結果を保存するようにしてください。後からバックアップの状態を確認することができます。
特に自動バックアップなど、毎回結果を確認できない場合は、ログを記録し、後から確認することをお勧めします。 

バックアップソフトをバックアップ以外の用途で使用しない

たまにバックアップソフトを同期ツールとして使用したり、ファイル移動ツールとして使用したりする方がいらっしゃいます。
ソフトの動作を完全に理解している場合はそのような使い方もいいと思いますが、本来と違う用途になりますので、意図しない動作をしたり、うっかりミスで大事なファイルが無くなってしまう場合もあります。通常このような使用はしないでください。

定期的にバックアップする

バックアップが面倒で間隔が空いてしまうと、 バックアップしたものが古くて役に立たないこともあります。そのため、定期的にバックアップするようにしましょう。基本は毎日バックアップすることですが、もし毎日バックアップできない場合は、バックアップする日を決めて、定期的にバックアップするようにしましょう。            

|

« 省メモリバックアップ | トップページ | BunLogMail Ver.3.20b2 公開 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックアップで失敗しないために:

« 省メモリバックアップ | トップページ | BunLogMail Ver.3.20b2 公開 »