« ログファイルを月・年ごとに自動で分ける | トップページ | RAIDはバックアップとは違う? »

2008/09/03

バックアップとデフラグ

ハードディスク(HDD)は、長く使用しているとデータが分散(断片化)して配置されます。断片化が進むとHDDを読み取るヘッダーの移動効率が悪くなるため、アクセスに時間がかかるようになります。
アクセスが遅くなると、バックアップにも時間がかかります。そのため、定期的に断片化を解消し、HDDのアクセスが遅くならないようにすることをお勧めします。

断片化されたデータを連続したデータに並べ替えることを最適化と言います。
最適化するためには、Windowsに付属するデフラグツールを使用するか、市販のデフラグツールを使用します。
Windowsのデフラグツールは、各ドライブのプロパティを開き、「ツール」タブの「最適化する」ボタンをクリックすると実行できます。

市 販のデフラグツールは、Windowsのデフラグツールよりも優れている点が多く便利です。私はNetJapanのPerfectDiskというデフラグ ツールを使用しています。スピードが速く、通常は最適化できないファイルも「オフライン最適化」することができてお勧めです。

|

« ログファイルを月・年ごとに自動で分ける | トップページ | RAIDはバックアップとは違う? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックアップとデフラグ:

« ログファイルを月・年ごとに自動で分ける | トップページ | RAIDはバックアップとは違う? »