« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/22

BunBackup テスト版 Ver.3.1b5 公開

BunBackup テスト版 Ver.3.1b5を公開いたしました。

動作テストのご協力よろしくお願いいたします。
不具合を発見された場合や、ご意見・ご要望などがありましたら、メールでお知らせください。

今回のバージョンアップ内容は以下の通りです。

  • 「バックアップ元でロックされているファイルをコピー」使用時、Volume Shadow         Copy サービスが無効の場合は、サービスを起動するように変更        
  • バックアップ中のフルパス表示方法を変更       

「バックアップ元でロックされているファイルをコピー」機能使用時、WindowsのVolume Shadow         Copy サービスが「無効」の場合は、サービスを起動するように変更しました。これでサービスが「無効」の状態でもバックアップが可能になりました。

| | トラックバック (0)

2008/04/14

バックアップは何も生み出さない

パソコンを使用する上で、バックアップは必須です。
しかし、多くの方はバックアップをしません。これはなぜでしょうか?

おそらく、バックアップは何も生み出さない作業だからではないでしょうか。
人は何も生産しない作業に時間やお金をかけたくありません。
バックアップは一種の保険です。保険はいざというときには役立ちますが、何もなければかける時間やコストは無駄になってしまいます。
また、バックアップは面倒です。できればそんなことをしたくありません。バックアップ自体は何も生産しませんから、面倒に思うのも当然です。

しかし、バックアップは必須です。
なぜなら、ハードウェアは必ず故障するからです。故障する前に買い換えれば問題ありませんが、いつ故障するかは誰にもわかりません。10年後かもしれませんが、今かもしれません。

バックアップを継続するためには、手間がかからないことが一番です。
手間がかかってしまうと、面倒になり継続は難しくなります。
まず、自分にあった手間のかからないバックアップスタイルを考えましょう。
次に、そのスタイルにあったソフト、バックアップ用のメディア(外付けHDD、NAS、USBメモリ、CD-Rなど)を用意しましょう。
後は定期的にバックアップすることを心がけてください。

| | トラックバック (0)

2008/04/07

みんなで作ろうバックアップソフトという企画

バックアップをもっと簡単にできないかと思い、以前「専用バックアップソフト作ります!」という企画を立ち上げました。
これは、専用バックアップソフトにすることで、できるだけ設定項目を少なくし、誰でも簡単にバックアップできる環境を作っていこうという考えからです。

ただ、この企画だけでは専用バックアップソフトを増やすのには限界があります。
そこで、今度は「みんなで作ろうバックアップソフト」という企画を考えてみました。

この企画は、皆さんに各アプリケーションのバックアップに必要な情報を送ってもらい、そのアプリケーション用のバックアップソフト作成していこうというものです。つまり、みんなでバックアップの設定をシェアして、楽を使用しませんかという企画です。
ベースになっているソフトは「専用バックアップソフト作ります!」企画と同じものです。それをBunPieceという名前にしてフリーソフトして体裁を整え、新たにホームページを作成し、企画を立ち上げてみました。

「専用バックアップソフト作ります!」企画は、フリーソフト、シェアウェア作家の方にお願いした企画でしたが、今回はもっと広く募集してみようという試みです。ご興味のある方はとりあえず、BunPieceのホームページをご覧いただき、ぜひ企画にご参加ください。

なお、大変恐れ入りますが、時間などの都合でご連絡いただいたすべてのアプリケーションに対応することはできません。当面は需用の多そうなソフトからの対応となります。
あらかじめご了承ください。

| | トラックバック (0)

BunPiece Ver.1を公開

なぜ多くの人はバックアップしないのでしょうか。
面倒くさいというのが主な理由だと思いますが、バックアップ方法がわからないという方も多いのかもしれません。

そこで、最も簡単なファイルバックアップソフトって何だろうと考えてみました。
そして作成したのがBunPieceというソフトです。
とにかくできるだけシンプルにして、誰でもバックアップできるようにというのがコンセプトです。

特徴は、

  • バックアップしたいものをチェックして「バックアップ」ボタンをクリックするだけ
  • バックアップ元などの設定が必要ない
  • 対応するアプリケーションを追加できる
  • BunBackupのバックアップエンジンを搭載
  • リストア(復元)も簡単

などです。

設定が少なすぎて不満に思う方がいらっしゃると思いますが、そういう方にはBunBackupをお勧めします。

| | トラックバック (0)

2008/04/01

ポータブルHDDのすすめ

バックアップ用のメディアには様々なものがあります。
たとえば、CD-RやDVD-Rなどの光ディスク、USBメモリ、外付けHDD、NAS、オンラインストレージなどです。
その中で私が日頃のファイルバックアップにお勧めするのは外付けHDD、特にポータブルHDDです。ポータブルHDDとは、持ち歩きを考慮したUSB接続の外付けHDDです。

CD-Rなどの光ディスクは、安価ですが、バックアップ使用するには容量が十分ではなく、書き込みの速度も速くありません。
USBメモリは、小さくて衝撃に強いので持ち運びが便利ですが、容量当たりの価格が高めです。
通常の外付けHDDやNASは、容量が大きくアクセスが高速ですが、持ち歩くことを考慮していません。

このように、容量、アクセス速度、価格、安全性などを考慮すると、完璧という方法ありません。
その中で、ポータブルHDDはバランスが取れていて、バックアップに向いているのではないかと思います。

私がポータブルHDDを勧める理由は、

  • 大容量
  • アクセスが高速
  • 持ち運びが容易

などです。

容量が少ないとバックアップ方法が複雑になり、管理が難しくなりします。
アクセス速度が遅いと、バックアップをするのが面倒になります。
パソコンと同じ場所にバックアップしたものを置いておくと、盗難や災害に対処できません。
ポータブルHDDは、これらに対処することができます。

価格は通常の外付けHDDよりは若干割高ですが、USBメモリやオンラインストレージに比較すると、容量当たりの価格はかなり安くなっています。
また、多くのポータブルHDDには、バックアップ用ソフトやセキュリティ用ソフトなどが付属しています。ソフト代を考慮すると、ポータブルHDDは意外と割安ではないでしょうか。

| | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »