« 会社でのバックアップ | トップページ | BunPiece Ver.1を公開 »

2008/04/01

ポータブルHDDのすすめ

バックアップ用のメディアには様々なものがあります。
たとえば、CD-RやDVD-Rなどの光ディスク、USBメモリ、外付けHDD、NAS、オンラインストレージなどです。
その中で私が日頃のファイルバックアップにお勧めするのは外付けHDD、特にポータブルHDDです。ポータブルHDDとは、持ち歩きを考慮したUSB接続の外付けHDDです。

CD-Rなどの光ディスクは、安価ですが、バックアップ使用するには容量が十分ではなく、書き込みの速度も速くありません。
USBメモリは、小さくて衝撃に強いので持ち運びが便利ですが、容量当たりの価格が高めです。
通常の外付けHDDやNASは、容量が大きくアクセスが高速ですが、持ち歩くことを考慮していません。

このように、容量、アクセス速度、価格、安全性などを考慮すると、完璧という方法ありません。
その中で、ポータブルHDDはバランスが取れていて、バックアップに向いているのではないかと思います。

私がポータブルHDDを勧める理由は、

  • 大容量
  • アクセスが高速
  • 持ち運びが容易

などです。

容量が少ないとバックアップ方法が複雑になり、管理が難しくなりします。
アクセス速度が遅いと、バックアップをするのが面倒になります。
パソコンと同じ場所にバックアップしたものを置いておくと、盗難や災害に対処できません。
ポータブルHDDは、これらに対処することができます。

価格は通常の外付けHDDよりは若干割高ですが、USBメモリやオンラインストレージに比較すると、容量当たりの価格はかなり安くなっています。
また、多くのポータブルHDDには、バックアップ用ソフトやセキュリティ用ソフトなどが付属しています。ソフト代を考慮すると、ポータブルHDDは意外と割安ではないでしょうか。

|

« 会社でのバックアップ | トップページ | BunPiece Ver.1を公開 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルHDDのすすめ:

« 会社でのバックアップ | トップページ | BunPiece Ver.1を公開 »