« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/18

理想的なバックアップとは

最近バックアップについて相談を受けることが多くなり、整理する上でも理想的なバックアップについて考えてみました。
バックアップの目的は人それぞれなので、理想的なバックアップといっても様々な方法があると思いますが、ここでは一つの例として考えてみたいと思います。

まず、バックアップの目的について考えてみましょう。
バックアップは何のために行うのでしょうか?
バックアップは、何らかの事故があったときに大事なファイルをなくさないために、ファイルの複製を作成しておくことです。

どこにバックアップすればいい?

様々な事故に対処するためにはどうしたらいいのでしょうか?
通 常バックアップ先としては、CD-RやDVD-RAMなどの光メディア、外付けHDD、NASなどを使用します。盗難や災害まで考慮すると、オンラインストレージのようなサービスを利用し、瞬時に遠くに複製をコピーできれば理想的です。ただし、オンラインストレージ はネットに接続している必要がありますし、コピー速度が遅く、費用もかかります。
このように考えると、一つの方法で対応するのは難しいのではないでしょうか。
安全性・速度・費用などを考慮すると、頻繁に行うバックアップは外付けHDDやNASへ、重要なデータはDVD-RAMなどの光メディアにもバックアップしてパソコンとは別の場所に保管、可能であればオンラインストレージへもバックアップした方がいいでしょう。
このように保管先を複数にしておけば、安全性が高まります。

[ファイルを消失するとき] [ファイルを消失するとき2] [どこにバックアップすればいいの?] [バックアップ先は二カ所以上に]

何をバックアップすればいい?

バックアップ対象とするファイルは、本来であればパソコンにあるすべてのファイルとしたいところですが、これには時間がかかりますし、容量も必要になります。
そこで、頻繁に行うバックアップは、重要なファイルをファイルバックアップし、一定間隔ごとにイメージバックアップでHDD丸ごとバックアップすることをお勧めします。

[何をバックアップすればいいの?] [何をバックアップすればいいの?拡張子編]

どんなバックアップソフトがいい?

バックアップソフトで大事なことは、正しく動作する、短時間でバックアップできる、運用が楽である、などです。
バッ クアップソフトは大きく分けると、ファイルバックアップソフトとイメージバックアップソフトがあります。ファイルバックアップソフトは短時間でバックアッ プできるメリットがありますし、イメージバックアップは復旧が簡単でファイルだけでなく設定まで元に戻せるメリットがあります。そのため、これらのバック アップソフトを組み合わせて使用することをお勧めします。

[バックアップソフト選ぶポイント]

どのくらいの間隔でバックアップすればいい?

バックアップの間隔は短い方がいいのでしょうが、バックアップ中はパソコンに負荷がかかりますので、大量のファイルを頻繁にバックアップするのは難しいでしょう。
基 本的には、重要なファイルは作成後はすくにバックアップしてください。たとえば、デジカメで撮影したファイルをパソコンにコピーした場合、すぐにバック アップをすることをお勧めします。仕事の場合、内容にもよると思いますが半日くらいまでの作業であれば、後から取り戻すことは可能ではないでしょうか。そのため最低限昼休みと帰宅時にバックアップすれば、最悪の事態は避けられると思います。

[何日おきにバックアップすればいいの?]

このように考えると、一つの方法で理想的なバックアップを実現するのは難しく、いくつかの方法を組み合わせるで理想に近づけることができます。
また、理想的なバックアップに近づけるためには、どうしてもある程度の費用と手間、時間は必要です。
これらを考慮した上で、自分に合うバックアップ方法を探してみてください。

| | トラックバック (0)

2008/02/12

BunBackup テスト版 Ver.3.1b3 公開

BunBackup テスト版 Ver.3.1b3を公開いたしました。

動作テストのご協力よろしくお願いいたします。
不具合を発見された場合や、ご意見・ご要望などがありましたら、メールや掲示板などでお知らせください。

今回のバージョンアップ内容は以下の通りです。

  • Windows2000でvssapi.dllがないというメッセージを表示し起動できないのを修正

| | トラックバック (0)

2008/02/03

BunBackup テスト版 Ver.3.1b2 公開

BunBackup テスト版 Ver.3.1b2を公開いたしました。

動作テストのご協力よろしくお願いいたします。
不具合を発見された場合や、ご意見・ご要望などがありましたら、メールや掲示板などでお知らせください。

今回の主なバージョンアップ内容は以下の通りです。

  • シェルが再起動したときにタスクトレイアイコンを再登録するように変更        
  • タスクトレイアイコンの追加・変更に失敗したときに一度削除してからリトライするように変更       

今まで、「タスクトレイにアイコンを登録できません」というメッセージが出ていた人は、このバージョンを試してみてください。よろしければ、動作報告していただけると助かります。

| | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »