« 掲示板を検索 | トップページ | バックアップソフトは作るのが簡単! »

2007/02/15

バックアップ先の空き容量を確認

バックアップソフトによっては、バックアップ前にバックアップ先の空き容量をチェックし、空き容量が足りない場合は警告を出すものがあります。
しかし、BunBackupはバックアップ前にバックアップ先の空き容量を、あえてチェックしていません。

これは、事前にバックアップ先の空き容量をチェックしても、実際にファイルが入るかは入らないかはコピーしてみないと分からないためです。たとえば、バックアップ先のフォーマットの関係で、ファイルは1バイト単位で書き込めません。そのため、空き容量を事前にチェックしても、ファイルが書き込めるか書き込めないかは分かりません。また、フォーマットによってもファイルに必要なバイト数が変わってきます。

コピーされるファイルは、新規にコピーされるものと、上書きコピーされるものがあります。そのため、空き容量をチェックするためには、上書きコピーされるファイルの容量の差分と、新規にコピーされるファイルの容量を計算しなければなりません。これらの計算はファイル数が多くなってくると時間がかかります。

このような理由から、BunBackupではバックアップ先の空き容量チェックは行っていません。

ただ、手動でバックアップ先の空き容量は確認することができます。
現在は、以下の2つの方法があります

「バックアップ設定」でチェック
「バックアップ設定」(バックアップ元・先フォルダなどを入力するダイアログ)の「バックアップ先フォルダ」というラベルをマウスに右ボタンでクリックすると、「空き容量」というメニューを表示します。これを選択すると、バックアップ先の空き容量を確認することができます

「バックアッププレビュー」でチェック
「バックアッププレビュー」を実行すると、「コピーファイル一覧」ウインドウのツールバー左側に「空き容量」というボタンがあり、これをクリックするとバックアップ先の空き容量を確認することができます。
  generated by feedpath

|

« 掲示板を検索 | トップページ | バックアップソフトは作るのが簡単! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックアップ先の空き容量を確認:

« 掲示板を検索 | トップページ | バックアップソフトは作るのが簡単! »