« USBメモリに簡単バックアップ | トップページ | Unicode対応版の途中経過 »

2007/01/17

CD-R、DVD-Rにバックアップ

今回は、CD-R、DVD-R、DVD+Rなどにバックアップする方法を考えてみたいと思います。

通常、CD-RなどはFDやMDのように簡単にファイルをコピーすることができません。CD-Rにファイルを保存するためには、ライティングソフトが必要になります。(WindowsXPの場合は、OSの機能でCD-Rに保存することができます)
このように、CD-Rなどへは直接ファイルを保存することができないので、バックアップソフトやその他アプリケーションからファイルを保存することができません。

そ こで、CD-Rなどへバックアップする場合は、パケットライトソフトを利用すると便利です。パケットライトソフトを使用すると、CD-RなどをFDのよう に読み書きできるようになります。そのため、パケットライトソフトを利用すると、バックアップソフトからも直接ファイルを保存できるようになります。

パケットライトソフトは市販のものがいくつかあります。私はROXIOのパケットライトソフトを使用して実際にバックアップに使用していますが大変便利です。CD-Rなどのメディアは安価で複製も簡単なので、同じものをいくつか複製して離れた場所に保管しています。

バックアップ先をCD-Rなどにしてバックアップする場合は、バックアップ先にあるファイルをチェックするのに時間がかかります。BunBackupでバックアップする場合は、「高速ファイルチェック」機能を使用すると、大幅にバックアップ時間を短縮できてお勧めです。

パケットライトソフトで書かれたCD-Rなどをリストアする場合は注意が必要です。
パ ケットライトソフトで書かれたCD-Rなどは、専用のソフトをインストールしないと読みことができません。幸いなことに、パケットライトソフトのメーカー で読み込み専用ソフトは、無償で公開されているものもあるようです。そのため、ほかのパソコンでリストアするときには、このソフトかパケットライトソフト をインストールしましょう。
  generated by feedpath

|

« USBメモリに簡単バックアップ | トップページ | Unicode対応版の途中経過 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD-R、DVD-Rにバックアップ:

« USBメモリに簡単バックアップ | トップページ | Unicode対応版の途中経過 »