« 「高速ファイチェック」の誤解 | トップページ | Unicode対応版テスター募集 »

2006/11/10

最も簡単なファイルバックアップソフトは?

バックアップしない要因として、「バックアップ方法が分からない」というのは多いのかもしれません。
では、これに対応するにはどうしたらいいのでしょう。理想的なのは何もしなくても勝手にファイルを複製して、ほかの場所に保管してくれるシステムです。ただ、現状そのようなシステムは実現が難しいので、どうしたらもっと簡単にバックアップできるかを考えてみましょう。

まず、最も簡単なファイルバックアップソフトについて考えてみます。
バックアップするためには最低限、
  • バックアップ元
  • バックアップ先
の二つの設定が必要です。
「バックアップ先」はどのような環境でバックアップするかによって異なりますので、これを省略することはできません。では、「バックアップ元」はどうでしょうか。

通常バックアップ元も環境によって異なりますが、特定の条件に限定してしまえばバックアップ元を知らなくてもバックアップできる場合があります。
たとえば、「マイドキュメント」のバックアップを考えてみます。「マイドキュメント」の場所は、Windowsが知っています。そのため、Windowsに尋ねれば「マイドキュメント」の場所は取得することができます。
つまり、「マイドキュメント」専用のバックアップソフトを作成すれば、「バックアップ元」は設定する必要がなくなります。

このように、バックアップするものを限定し、専用ソフトを作成すればバックアップを簡単にすることができます。「バックアップ元」を知るのは意外に難しいものです。たとえば、Outlook Expressのメールデータはどこにあるのでしょうか? Internet Explorerのお気に入りはどこにあるのでしょうか? このようにバックアップ元を知ることは意外と簡単ではありません。そのため、難しいバックアップ元の設定が不用になれば、より簡単にバックアップできるようになります。

このように考えると、最も簡単なファイルバックアップソフトは専用バックアップソフトということになります。たとえば、マイドキュメントの専用バックアップソフト、Outlook Expressの専用バックアップソフト、お気に入りの専用バックアップソフトなどがあれば、バックアップは簡単です。
実際には、専用ソフトが別々にたくさんあると手間が増えてしまいますので、それらを一つまとめることができれば、もっと簡単になるかもしれません。

そこでそんなファイルバックアップソフトを企画中です。(まだ内緒ですが)
  generated by feedpath

|

« 「高速ファイチェック」の誤解 | トップページ | Unicode対応版テスター募集 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最も簡単なファイルバックアップソフトは?:

« 「高速ファイチェック」の誤解 | トップページ | Unicode対応版テスター募集 »