« 「機能選択」の誤解 | トップページ | 最も簡単なファイルバックアップソフトは? »

2006/10/31

「高速ファイチェック」の誤解

前回ご説明した「機能選択」と同様に、「高速ファイルチェック」機能も誤解を受けやすい機能です。

よくある誤解の一つは、常に「高速ファイチェック」機能が働いていると勘違いされることです。これは、いろいろなところでBunBackupの特徴を説明するときに、「高速ファイチェック」機能が紹介されるので、そのように勘違いする人が多いのかもしれません。

「高速ファイチェック」機能は、バックアップ先のファイル情報をキャッシュしてバックアップします。バックアップ先のファイルを更新するのが BunBackupだけであれば、この機能は高速化に非常に有効です。しかし、BunBackup以外でバックアップ先を更新する可能性がある場合は、この機能を使用することはできません。このようなことから、「高速ファイチェック」は初期値ではOFFにしてあります。

もう一つの誤解は、フォルダがミラーリングされないことを不具合と認識されることです。
「高速ファイチェック」は速度優先の機能です。フォルダのミラーリングは、フォルダだけを別に処理しなければなりませんので、処理に時間がかかります。また、フォルダをミラーリングするためには、キャッシュにフォルダ情報も記録しなければなりませんので、その分メモリも消費します。このようなことから、「高速ファイチェック」時は、フォルダのみのミラーリングは行っていません。そのため、バックアップ元で削除されたフォルダは、「高速ファイルチェック」機能を使用しているときは、空フォルダとなってバックアップ先に残ります。

短時間でバックアップしたいので「高速ファイチェック」は使用したいけど、バックアップ先に空のフォルダが増えていくのはいやだという場合は、以下のようにしてはいかがでしょう。
通常は、「高速ファイチェック」機能を使用してバックアップします。
時間があるときに、「高速ファイチェック」をOFFにしてバックアップします。
このようにすると、バックアップ元で削除されたフォルダは自動的に削除されます。

なお、「高速ファイチェック」機能をOFFにするときには、「機能選択」で行わずに、「バックアップ作用再設定」で行ってくださいね。(「機能選択の誤解」を参照)
  generated by feedpath

|

« 「機能選択」の誤解 | トップページ | 最も簡単なファイルバックアップソフトは? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「高速ファイチェック」の誤解:

« 「機能選択」の誤解 | トップページ | 最も簡単なファイルバックアップソフトは? »