« サーバーのバックアップ | トップページ | 「機能選択」の誤解 »

2006/10/20

アプリケーション名から追加

Ver.2.61から「アプリケーション名から追加」という機能を追加しました。



この機能は、バックアップ元フォルダが分かりづらいアプリケーションのデータファイルを、アプリケーション名を選択するだけで設定することができます。バックアップ初心者はもちろん、上級者の人にも便利な機能だと思います。

WordやExcelのようなアプリケーションであれば、作成したデータファイルは自分で保存しますので、どこにファイルがあるかが分かります。しかし、メーラーやユーザー辞書などは自動でファイルを保存しますので、通常どこにファイルが保存されているかを知りません。そのため、バックアップ対象となるファイルがどこにあるかは、調べないと分かりません。

そこで、このようなアプリケーションをもっと簡単にバックアップできるように、アプリケーション名を選択するだけで、バックアップ元フォルダと対象ファイルが設定できるようにしたのが、「アプリケーション名から追加」です。

現在対応しているアプリケーションなどは以下の通りです。
  • マイドキュメント
  • お気に入り
  • Outlook Express
  • IME
  • ATOK
  • Firefox
  • Thunderbird
今後要望があれば、この項目は増やしていく予定でいますので、追加して欲しいアプリケーションなどがありましたら、メールなどでお知らせください。

なお、各アプリケーションのバージョンが変更になった場合は、データファイルなどがあるフォルダが変更になるかもしれません。そのような場合はご連絡いただけると助かります。
  generated by feedpath

|

« サーバーのバックアップ | トップページ | 「機能選択」の誤解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アプリケーション名から追加:

« サーバーのバックアップ | トップページ | 「機能選択」の誤解 »