« Internet Explorerをバックアップ | トップページ | BunBackup テスト版 Ver.2.61b6公開 »

2006/06/15

MS-IMEユーザー辞書をバックアップ

MS-IMEのユーザー辞書バックアップについて考えてみます。

ユーザー辞書のフォルダ名、ファイル名は、MS-IMEのバージョンによって異なります。
調べてみると、IMEのバージョンによって異なるのはもちろん、同じIME2002でもWindowsXP付属のものとそうでないものでファイル名が異なっています。また、同じOSでもインストールしているMicrosoftのアプリケーションによって異なる場合もあり、結構複雑でした。

IME98
C:\Windows\Ime\Imejp98\UsrDicts\msime98.dic

IME2000
<システムドライブ>\Windows\Ime\Imejp\UsrDicts\imejpusr.dic

IME2002
<システムドライブ>\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\IMJP8\imjp8u.dic

IME2002(WindowsXP付属)
<システムドライブ>\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\IMJP8_1\imjp81u.dic

IME2003
<システムドライブ>\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\IMJP9_0\imjp9u.dic

<システムドライブ>は、 Windowsがインストールされているドライブ。
<ユーザー名>は、Windowsにログインするときのユーザー名。

これをBunBackupの「バックアップ元フォルダ」に設定してバックアップしてください。
  generated by

|

« Internet Explorerをバックアップ | トップページ | BunBackup テスト版 Ver.2.61b6公開 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MS-IMEユーザー辞書をバックアップ:

« Internet Explorerをバックアップ | トップページ | BunBackup テスト版 Ver.2.61b6公開 »