« なぜバックアップソフトが必要? | トップページ | バックアップソフト選ぶポイント »

2005/10/06

BunBackup テスト版 Ver.2.52b1公開

BunBackup テスト版 Ver.2.52b1を公開いたしました。

動作テストのご協力よろしくお願いいたします。
不具合を発見された場合や、ご意見・ご要望などがありましたら、メールや掲示板などでお知らせください。

今回のバージョンアップの主な変更点は以下の通りです。

  • 「ドライブ接続監視バックアップ」機能を追加
  • 「バックアップ元・先フォルダ」の設定で、ボリュームラベルによるドライブ間接指定機能を追加
  • 「除外フォルダ」のフルパス指定が可能なように変更

この中で機能名だけでは分かりづらいものについて簡単に補足説明いたします。

ドライブ接続監視バックアップ

リムーバブルディスクやUSBストレージなどがパソコンに接続されるのを監視して、ドライブが接続されると自動的にバックアップを開始する機能です。
これは、MOやDVD-RAMなどのリムーバブルディスクや、USBメモリなどのUSBストレージにバックアップしているときに便利な機能です。

バックアップが終了するとリムーバブルディスクをイジェクトしたり、USBストレージの「ハードウェアの安全な取り外し」を自動で行うことができます(一部「安全な取り外し」が機能しないUSBストレージもあります)。
また、接続されたメディアのボリュームラベルから、BunBackupの設定ファイルを自動で切り替えることも可能です。

たとえば、DVD-RAMをバックアップ先として使用すると

  1. パソコンにDVD-RAMを入れる
  2. DVD-RAMのボリュームラベルから自動的にBunBackupの設定ファイルが切り替わる
  3. 自動でバックアップを開始する
  4. バックアップが終了すると自動的にDVD-RAMがイジェクトする

という手順でバックアップすることができます。
要するに、メディアを入れるだけで自動的にバックアップが始まり、終わるとメディアが出てくる(リムーバブルディスクディスクの場合)ということが可能になります。

ドライブ接続監視バックアップは、「設定」メニューの「機能選択」で「ドライブ接続監視バックアップ」をチェックし、「設定」メニューの「環境設定」-「監視」タブで設定してください。

ドライブ間接指定

「バックアップ元フォルダ」「バックアップ先フォルダ」の設定で直接ドライブを指定するのではなく、ボリュームラベルで間接的にドライブを指定できる機能です。
この機能を使用すると、接続する度にドライブ名が変わるメディアを指定することができます。

たとえば、ボリュームラベルが「BackupUSB」というUSBメモリがあり、このUSBメモリの「バックアップ」というフォルダにバックアップするとします。
このような場合は、「バックアップ先フォルダ」を

<VOL_BackupUSB>\バックアップ

と設定します。ドライブは「<VOL_○○○>」で設定し、「○○○」の部分にボリュームラベルを入力します。
これで、USBメモリが接続の度にドライブ名が変わっても、正しくバックアップすることができます。

|

« なぜバックアップソフトが必要? | トップページ | バックアップソフト選ぶポイント »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BunBackup テスト版 Ver.2.52b1公開:

« なぜバックアップソフトが必要? | トップページ | バックアップソフト選ぶポイント »